俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

両腕をピシャと手花火二刀流

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

風の変わって時々あちち

最新の添削

「両腕をピシャと手花火二刀流」の批評

回答者 よし造

俳句のコメントではなく、ピシャの謎解きです。

両腕をしっかり構えたの意味ではないでしょうか。ピシャが擬音に読めますが、方言的な使い方かなと。自信はありませんが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「両腕をピシャと手花火二刀流」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「両腕をピシャと」と聞くと手を合わせたような風景が浮かびますが、そのあとが「手花火」で「二刀流」?
「二刀流」と聞くと両手を振り回す・・・まではいかないにしても、離して何かを持っているイメージになりますし、「手花火」ならばその風景が似合います。ではこんどは「両腕をピシャと」とは?

両の掌で反対の二の腕を叩く動作も思いましたが、持ってる手花火が危ないですね。風向きどころではなく。

二刀流のイメージに対して何を「ピシャ」したのか、ちょっとわかりませんでした。
もしかして時間経過ありますか?

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「両腕をピシャと手花火二刀流」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。
拙句にコメント有難うございます。勉強になります!

御句、「両腕をピシャと」。これはおそらく、花火をやっている時に蚊が止まって、それを叩いたのでしょう。ピシャと。
ただし、手花火を二刀流でやってますから、自分では叩けない。どなたかに叩いてもらったのでしょう、一緒に手花火を楽しんだ人に。

あるいは手花火を二刀流でやっていて、ちょっと火花が飛んだ。あちち!そこで手持ちのペットボトルの水をピシャ!とかけてもらったのでしょう。一緒に手花火を楽しんだ人に。

あるいは、「二刀流花火だぞー」とか言いながら、誰かを追いかけた。その人から、「やめて、危ないから!」と、燃え尽きた手花火を持ったままの両腕をピシャと叩かれた。

それは女性ですかな?うらやましい(笑)。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

お正月ミッキーミニーの腕まくり

作者名 中トロ 回答数 : 1

投稿日時:

コンバイン稲穂たらふく食らひをり

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

トラクターの跡黒々山笑う

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『両腕をピシャと手花火二刀流』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ