俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

淋しくば月見ろ俺も見てるから

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

兼題の「月」です。
「淋しくば」が文法的に正しいか自信が今一つですが、勢いで置きました。
一旦作ったあと、「見るのは星でも空でもいいのでは?」と不安になりましたが、星ではどの星かわからない、ここでは同じものを見たい、また、空も、広い意味では同じものですが、例えば東京と大阪では晴れていたり雨だったり。
ここはやはり月だと思いました。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「淋しくば月見ろ俺も見てるから」の批評

回答者 ダック

なおじい様
こんばんは。「蓑虫で。。」にコメント頂きありがとうございました。
イサク様のご指摘ありましたが、これは自分自身に対する句でした。書を読んでいるわけではありませんが、澱が貯まらないように、身体がなまらないようにという自分自身への一種の警告句でした。蓑虫という季語の持つ意味を全く考慮していません。これは以前の蛇の時と同じです。
御句は良いですね。そのように言い合える友があればと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「淋しくば月見ろ俺も見てるから」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句、これは、友?幼馴染?恋人?と月を見ながら、これから離れても淋しくなったらこの月を見ろというシーンですね。どこにいても同じ月を見ているというのがいいですね。
土田世紀さんの漫画で「同じ月を見ている」という作品がありまして、病気のエミと医者の鉄也、そしてムショから脱走した純粋な心を持つドンの3人の幼馴染の話を思い出しました。同じ月を見ているんだからな、ドンが純粋で切ないんです。人の心を絵に描いてその人の心を癒してしまう不思議な力を持ってるドン。なおじいさんがそのドンと重なっていくようなそんな句でした。

「ば」もここの意味は未然形接続なので、「淋しくば」(もしくは、淋しからば)でいけてると思います(*'▽')

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「淋しくば月見ろ俺も見てるから」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

なおじい様。いつも拙句に丁寧なアドバイスをありがとうございます。
御句を拝読してすぐ、私は「つらい時は、風に向かって俺の名前を呼べ」というフーテンの寅さんのセリフを思い出しました。
自分の人生は、自分で生きるしかないものだけれど、どこにいても、気持ちはともにあるよ、というストレートなメッセージですよね。
ズン、と心に響きました。

点数: 2

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「淋しくば月見ろ俺も見てるから」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

かっこいいセリフ!
でも寂しさが漂う句ですね。詠み手も寂しさに耐えてこのセリフを言っているように思います。なんとなく今の時代ではないような。遠く離れてしまう、連絡も簡単にはできなさそうなかんじ。切ない…。
コメントを見ると皆様いろいろな解釈をされていて興味深いですね。小西さんのコメントの言葉がとても心に響きました。

「寝る吾子の…」の添削ありがとうございました。
なおじいさんも同じ経験があるとのこと、何だか嬉しいです。
「笑顔照らすや」はそうしなかった、というより思い浮かびませんでした。少しの言葉の違いで類想っぽくなるのですね。勉強になります。
「笑い声」を強調するとホラーになりそうなので、なおじいさんのご提案のように、にこっとしたくらいがいいのかもしれませんね。
いつもありがとうございます。

点数: 2

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

淋しくば月を見ろ俺も見てるから

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

ここまで素直なメッセージだといいですね。

リズム的には「月見ろ」が忙しく感じられるので、18音でも「を」を入れた方が良いのでは?と思いました。句またがりなので気になりません。
文法はげばさんの解説通りと思います。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「淋しくば月見ろ俺も見てるから」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

文法の件、一つの句の中では文語か現代口語用法か決めた方がよいと思います。

「淋しくば」は文語の活用なので文語に統一するならば
「淋しくば月を見よ吾も見をるからに」ぐらいでしょうか?
(もちろん答えはひとつではありませんし、完全正解の自信はありません)

とはいえ、後半を生かした方がなおじい様らしいですね。
「淋しければ月見ろ 俺も見てるから」という感じの方が良いと思います。

ここまでくると自由律の現代詩にも近いので、最後の「から」を省略するという提案をば。

・淋しければ月を見ろ 俺も見てる

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴やおずおず渡すテストの点

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

子を叱る口から湯ざめはじまりぬ

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

夏の日や聞こえる息の根垂れる汗

作者名 トイレ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『淋しくば月見ろ俺も見てるから』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ