俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

妻であり母である人秋刀魚焼く

作者 知世  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋刀魚を焼いているのは誰なのか、そしてそれを見ているのは。
最初は秋刀魚を焼いているのが私、それを見ているのは私の父、というイメージでした。
父は小さかった娘がすっかり所帯染みて秋刀魚など焼いている感慨に圧倒されている。
次に浮かんだのが初恋の従姉を見る青年、というまるっきり妄想のイメージ。
「人」の距離感にはこれくらいが相応しいかと思いましたが、親や配偶者であっても少し遠くから客観視する瞬間はあるよなと。
まあ実際は「配偶者を見て夫が詠んだ句」にしか見えないかな〜と思いつつ。
「妻であり母である」ありふれたフレーズで読んだ人の心に誰かの顔が浮かぶかな〜と少し期待して作りました。

最新の添削

「妻であり母である人秋刀魚焼く」の批評

回答者 森本可南

こんにちは。知世さん。鷹司です。
御句の感想です。
とても客観視した句だと感じました。
ただ、たんたんと秋刀魚を焼いている。
妻でもあり、母でもある私の日常の光景を切り取ったものだと感じました。そこには、ある種の悲哀と日常を生きる幸せを感じ、どこの家も同じようなものだなあと。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

妻であり母である吾秋刀魚焼く

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

知世様、こんばんは😐
ここは、「吾」が良いかな、と思いました。
「人」では、はっきりせず、インパクトがありません。作者の顔が浮かびました。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「妻であり母である人秋刀魚焼く」の批評

回答者 たんせき

句の評価:
★★★★★

知世さん。感想、コメントありがとうございます。私も『とく』『とかす』など迷っていました。
知世さんのこの俳句、好きですよ。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、たんせきさんの俳句の感想を書いてください >>

「妻であり母である人秋刀魚焼く」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

負乗さんと同じくで『人』より『吾』の方が良いのではないかと思います。
妻であり母であると言う表現はすごく好きな表現です。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

あの人は妻であり母であり秋刀魚焼く

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

距離感が狙ったところに着地しなかったのは、主語がない句で「妻」としたために、「自分の妻」というイメージがつくからですね。
ということで主語をつけてしまいましょう・・・それでも「自分の妻」という読みはつきまといますが、距離は離れます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「妻であり母である人秋刀魚焼く」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも深いコメントありがとうございます。

なかなかおもしろい句ですね。
妻・母・人という言葉のチョイスは好きです。
これを見てる人はやはり配偶者である夫に見えました。
私もしりとり俳句で、「シクラメン妻の母へと変はるとき」という句を詠みましたが、こういう「妻」とか「母」とか役割みたいな枠の意味で書くとなんかとても客観的に見えるかなと思ったんですよね。「わたしを束ねないで」の詩みたいに、私を役割で名づけないで、みたいな。
普段は奥さんのことを〇〇ちゃんみたいな感じで呼んで認識している夫も、ある瞬間俯瞰で見てるときがあって、「妻」「母」「人」って見えてる瞬間があるというそういう句なんだろうと。
おもしろいと思います(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

待ち人は来ず遠花火窓に果つ

作者名 おせっかい 回答数 : 3

投稿日時:

図書室の同じ席二人静よ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

冬月を喰う怪物の歯型かな

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『妻であり母である人秋刀魚焼く』 作者: 知世
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ