俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

分譲の幟はためきて白風

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

モデルハウスのオープンのぼり。
秋の風に翻り。なんかモデルハウスってワクワクして好きだけど、秋のモデルハウスはなんか違う、寂しげ。幟も夏はバタバタ、秋はパタパタ。

上五「モデルハウスの」「OPENの」もあったが、
どちらにしろ句をまたぐような仕様。
幟は季語ではありません。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「分譲の幟はためきて白風」の批評

回答者 ダック

げばげば様
こんばんは。早速「頓堀や・・」にコメント頂き有り難うございます。ネオンも天の川も印象が薄くなってしまうのでしょうか。
御句の「白風」というのが難しい。普通に「秋の風」ではダメなのかなと思いました。その違いがまだわかりません。皆様のコメントを見ながら勉強させて頂きます。ご提案句も有り難うございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

分譲の幟色なき風の中

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

自販機もそうでしたが幟の音に秋を感じるなんて繊細な俳句的感性ですね。
気になったのは二点です。軍旗はためくですから、はためくは句意と相反します。季語は基本的に傍題は使わない方がよいと思います。(松山ポストで夏井いっきも書いています。)掲句は、秋の風でもいいのですが、色の対比と寂しさを出してみたつもりです。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

分譲の幟はためかせ白風

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「白風」まだ使ったことのない季語でした。

季語と他の部分がかなり近い句ですが意図的でしょうか?
今回の句では一物に近いためか、近さはさほど気になりません。
説明っぽさもないですね。

ひとつだけ気になるのが、「幟」「風」で「はためく」は言い過ぎではないだろうか?という点ですが、省略すると風景が変わってしまう可能性がありそうな気も・・・
季語を「風」に関係ない季語にして取り合わせるのでしたら、要るのは間違いないのですが。

・分譲の幟はためきて錦秋

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「分譲の幟はためきて白風」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

早速コメントありがとうございます。
えっと、もう勝手に僕一人で始めてまして、あれが初句です。もう一度コメントに「次行きます」とコメントいただいて、ルールを読んで次の句を詠んでもらえれば。(しょっぱな「がわ」から始めるという無理難題w)

あの句は、ただの「湿原の水路の泡」と「天の川」の取り合わせです。人のいない広大な幻想的な自然を詠みたかったのですが、いろんな意味でいまいちですね。天の川との取り合わせは、ちまちま焦点を絞っていたのでは追っつかない気がしてきました。

掲句、風と幟があれば、はためいてますので、「はためく」がいらない言葉となりますね。もしくはイサクさん同様、錦がはためいていれば風は吹いてますね^^
提案く置きたかったのですが、ちょっと思いつかなくて。。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「分譲の幟はためきて白風」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)
私の八月の句にコメントありがとうございます。

御句ですが皆様おっしゃっているように
「幟」「はためく」「風」
は近いと思います。
例えば「はためく」をオノマトペにしたり季語を変えたりすると良い様に思います。m(__)m

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「分譲の幟はためきて白風」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「ランプの宿」ご評価有難うございました。好意的なコメントいただけて励みになります。

御句、ご投句のペースがとても早いので、私のコメントが追いつきません。「毒虫」とか「冷たーい」とかがまだですが、ちょっとこちらに先にコメントさせていただきます。

げばさん、よくぞ「幟(のぼり)」を句に入れてくださった。というのは、私の周りで幟を旗と呼ぶ人が多くて困っているのですよ。仕事ではないのですが地域活動のようなことで幟を使うのですが、みんな旗、旗と。その都度やんわりと直していますが、あまり度がすぎると嫌みに。こういうサイトで広めてくれたら少しでもあれは旗ではなく幟なのだとわかってもらえるでしょう
…(って、このサイトと地域活動はどう関係があるの?)

御句、そんなわけで、せっかく幟を詠んでもらったので、あまりに近くにある「はためく」はまた誤解を招くので(笑)、遠慮していただき、ご自身のコメントにもあるパタパタを入れました。そうなりますと、もはや風は十分に吹いていますので、季語は白風ならぬ赤蜻蛉にしてみました。

  分譲の幟パタパタ赤蜻蛉

よろしくお願いします。これから「毒虫」と「冷たーい」に取り掛かります。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

石楠花や隠せぬ恋の頬の色

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

初蝶のやさしく止まり風を待つ

作者名 佐藤敦子 回答数 : 3

投稿日時:

毎日がパラレルワールド八仙花

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『分譲の幟はためきて白風』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ