俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

俳句の名冠して論破甲子園

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句甲子園の季節ですね。大人の僕でもあの場で自句に突っ込まれたら「うるせえ察しろバーカ」しか言えない気がします。高校生すごい。

最新の添削

「俳句の名冠して論破甲子園」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。

御句、俳句甲子園のことですね?そういうのがあるということは存じていました。ダンス甲子園とかクイズ甲子園とか、スポーツでない高校生の大会に甲子園とつけるのはよくありますから、その一つと思っていました。
しかし、見たことはなく、いつどこで行われるのかも知りませんでした。
秋沙美さんの句に接して、ネットで調べたら、昨日松山で開催されたのですね、それでこの投句となったわけですね。
開成高校や洛南高校、海城高校が、好成績というのはクイズ甲子園みたい。結局頭の良い子がいい句を作るのでしょうか?
しかし、御句に「論破」とありますね。この大会の中にそういうディベートがあるとは考えもしませんでした。著名な先生が優秀な句を選んで選評をくださる、そういう大会だと思っていました。
何を討論するのか知りませんが、まさかA高校の誰かの俳句をB高校がよってたかってあーだこーだと論評するわけではないですよね?それだったら、私、暴れますよ(すでに高校生ではないのに)。それこそ「うるせぇバーカ」でしたっけ、そうなりますよね?
そうでなくて、誰か匿名の第三者の句をどう鑑賞するかを討論し合うのですかね?それならわかりますが。

早い話が動画を見てみればいいのでしょう。今は見られないところにいるので、帰り次第チェックしてみます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「俳句の名冠して論破甲子園」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

アリバイの句、コメントありがとうございます。やはり、ドラマの中でのという感じで詠まないと誤読ありますよね、リアルに起きていることとして。リアル刑事さんが聞き込みの中、西瓜齧るみたいあ。たしかにそうですよね。それも面白いですけどね、張り込みの西瓜。

御句。たしかに、高校生スゴイですよね。自分の考えを持ったうえで、相手の句をしっかり鑑賞し、それに対して批評をきっちり伝え、論破していく。自分の句に対しても他の方の句に対しても、しっかり理論的に考えを持つということに頭が下がります。
ちなみにこれは「俳句甲子園」という新たな季語になるのでしょうか、それとも甲子園?(*'▽')毎年行われてたらそうなるのでしょうかね(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

副将の緊張俳句甲子園

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

私は俳句甲子園の動画もほとんど見たことがないのですが、
某ラジオ番組(これもN先生の番組)で【俳句甲子園】を季語として俳句を作っているようですね。
こちらもエリア外のため聴いたことないのですが。

ディベート部分がどこまで判定に影響を与えているのか・・・
「うるせえ察しろバーカ」で退場になった学生とかいたら、それはそれでエンタメ的には面白いですけれど(文科省担当者が青ざめるやつ)。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「俳句の名冠して論破甲子園」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメント遅くなりました。夜食の句コメントありがとうございます。「こわいと思ふ」は確かに。。未明の茶漬けかなは面白いと思いました。

タイムマシンで戻れたら、高校生に戻って俳句甲子園出たい!なかなか、あのルールで大人になってやれませんね。

>げばさんへ
この手の物は「俳句甲子園」は季語だ!って言っちゃえばいいです。違うって言われたら、じゃ無季でと^^。多分それでいい。。

>イサクさんへ
明確なルールがあります。10満点で採点をし、同点だった場合に、鑑賞ポイントが高い方に、旗が上がる仕組みです。この仕組みで、審査員の旗は必ずどちらかに上がります。同点じゃない場合、特に意味なし。鑑賞ポイントは得点ではなく、どちらの高校がよりより鑑賞をしたかです。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

河原までどの径降りやう草いきれ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

柚子の香のお風呂のゆたりゆたりかな

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

青梅を姉と二人で取り行かん

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『俳句の名冠して論破甲子園』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ