俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

フルーツの棚に置きたやミニトマト

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

兼題のトマトで一つも投句していないことに気がつきました!
これは私がスーパーに行くといつも思っていることです。

最新の添削

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 はや

フルーツトマトはもはやフルーツですよね。甘くて美味しくて大好きです。
西瓜や苺は農業的には(育てる立場では)野菜として分類されるけれど、栄養学的には(食べる立場では)果物として分類されるようです。つまりどんな視点から分類するかによって違うみたいですね。
ストレートな表現で、野菜だ果物だとこんなに盛り上がれる句を作るなんて、なおじいさんってなんてすごい人なんだろう…!

「空掴む…」の添削ありがとうございました。
巨大迷路を入れてくださった句、「巨大迷路が作れるほど玉蜀黍って背が高いんだなあ」とこれまた私が言いたかったことでした。
諦めるしかできなかった思いを拾ってくださりありがとうございました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます!

御句、わかりますー。トマトは野菜です、西瓜も野菜です。でも、アボカドは果物です、みたいな、定義はあるのかなー。どれくらいで収穫するか?かな。甘味でいくなら、トマトと西瓜は果物でしょう(*'▽')

ということで、フルーツの棚におきましょ!もう西瓜もフルーツの棚にあるし。原句、そのまま味わわせていただきます!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

トマト手に植物学を考える

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

すいません。↑この句だけ(句か?)置いて去ります。
トマトナスピーマンは果菜、スイカメロンイチゴは果実的野菜だそうですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

フルーツの棚に行かんとミニトマト

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは😊
いつもコメントありがとうございます。なかなかお返しが出来なくてすみません😓
「ミニトマト」、あれはフルーツですよね…🤔 甘いし。
あんまりトマトを愛でると、男はちょっとヤバいので、早くお題が変わって欲しいです😅
擬人化してみました。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、「トマト」取り合わせ句への批評ありがとうございます。

なるほど、トマトから“日の丸”の連想もありましたか! 作っているときには、まずお題「トマト」ありきで取り合わせ句を作り始めたので、トマトから戦争に向かう連想の矢印は引いていませんでした。

「死と生(生命力)」とか「暗さと鮮やかさ」とか「抽象と具体」とかいった対比は、投句までに意識にありましたが。

「わかるように書いてある本に巡り会っておりません」。
私は、俳句の入門書の多くについて、Amazon読み放題サービスを使って、電子書籍版の入門書を読んでは削除、読んでは削除と渉猟していたので、どういう記述がどの本のどこにあったかは基本的に覚えていないのですが、YouTube動画であれば「夏井いつきの俳句チャンネル」の中で一物仕立てと取り合わせの説明をしていたのがあったと思います。

ただ、藤田湘子著「新版 20週俳句入門」。これは先の動画「~俳句チャンネル」の中で、夏井いつき本人の著作でないのに紹介されていたので、読み放題ではなく、購入して読みました。一物仕立ての作句方法については本書では触れない、と言い切っていて、全体的に取り合わせ(この本の中では「配合の句」と言ってます)について書かれた本です。取り合わせの方が作句が容易だというレクチャーの急先鋒みたいな本なのでしょうかね。

さて、御句について。

・句意は自然にストレートに伝わり、何も難を感じません。
・「フルーツ」を「果物」に変えるか? と考えてみましたが、「ミニトマト」とのバランスも取れていて、別に変える必要もないと思います。

私のよく行くスーパーでは、壁際で果物、カット野菜、葉物、きのこ、根菜・いも・玉ねぎ等と分類される棚には置かれず、中央部分に傾斜をつけて並べられています。裏にまわるとパプリカと茄子がいます。これらは、季節によって参入してくる、イチゴ、西瓜・メロン、サクランボなどとエリアの奪い合いがあります。売る側も、色がありますから、目立たせたいのでしょう。そういえば、トマトは、年中居座ってますね…。位置的には、果物と野菜の境界といったところでしょうか。

 トマト坐す青果売場の真ん中に

今後とも、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
パリには仕事で行かれてるとのことで羨ましい、でも仕事となると大変そうですねストとか自己主張の強さとか。
ユトリロ私は大して詳しくないのですが確かに薄曇りの絵も多いですね。
美術誌か何かで見た「ユトリロの青」という語と実際に見た時の「本当にユトリロみたい」という印象に引っ張られ、また人に伝える努力を怠ってしまいました。
旅行句は詠みたいテーマが多く面白いなと思ったのですが、実力不足故中々難しいですね。
ついまたまたホラーにSFに物乞いといったテーマで作ってしまうかもしれませんがどうかお目溢しいただけましたら。

さてこちらの句は良いですね分かります。
アボカドが果物ならばミニトマトはかなり果物ですよね。
トマトは分類的に果物って何かで読んだことある気がしたんですが気のせいかな。
負乗様の句と合わせて読んで、人はフルーツ売り場に並べたや、ミニトマトはフルーツ売り場に並びたや…。
なのに、ままならないな〜などと思いながら鑑賞させていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 黒猫

句の評価:
★★★★★

なおじい様
こんばんは。
トマトの句の添削ありがとうございました。
よく吟味せずに投句してしまったので、あとから中八に気づきました。

外食に行ってサラダや付け合わせに添えてあるトマトが湯むきしてあると
ちゃんと気を使ってるお店なんだな~と思うことがあるので
それを俳句にしてみました。
皮付きのトマトだからダメというわけではなく、お店側のちょっとした気遣いが
感じられてうれしく思ったりします。
朝食にしたほうが時間と場面が思い浮かびやすそうだったので
そうしてみました。
私もトマトの皮は全く気にならないので家では皮付きのままガンガン食べてます(笑)

御句ですが
ミニトマトは甘くて味も濃くておいしいですよね。
フルーツトマトって言われるくらいですから、とても共感できます。
私の行くスーパーはトマトの種類が多くトマトだけの棚があるくらいです。
「スーパーのトマトを眺め黄色買う」
おそまつですが、こんな感じです。

点数: 1

添削のお礼として、黒猫さんの俳句の感想を書いてください >>

「フルーツの棚に置きたやミニトマト」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
トマトの芯とは書きましたが、調べてもイマイチはっきり分からず芯とした面があります。断面図の図解などで調べても分からず、子室を隔てる隔壁の中心部分、が正確な表現かなと思います。
まさに醍醐味であるというつもりで詠んでいましたので、皆さんのコメント受けての推敲後は「醍醐味のトマトの芯をがぶりむしゃ」としていました。下五を決めきれないのが力量不足ですね…
ビールのあてに冷やしトマトはヘルシーな感じですね!というか珍しいなと思いました。唐揚げとか塩辛いものが定番のイメージです。
余談ですが、祖父も冷やしトマトが好きで、理解し難いことに醤油ぶっかけて食べてました。

御句拝読しました。
なおじいさん節で面白楽しく鑑賞しました。
クイズ番組などの定番の出題の、メロンやスイカは果物か野菜か、を思い出しました。日本の中での定義がきちんとあるようですね。苗から育てて一年以内に収穫する草本植物は野菜…なのでメロン・スイカ・イチゴなどは栽培方法的に野菜なのだとか。
そうなるとミニトマト(トマト)は当然一年以内に収穫するので野菜になるのですが、フルーツトマトとして売り出してる品種もありますね。別格別枠として青果売場の赤といえばトマトの地位を確立もしていますね。スーパーごとに置き方が多少違っても、わりと目につきやすい所にいる気がします。野菜寄りに置いてるから目立つのかも?
果物売場に置かれていても違和感はなさそうですよね。ただ果物はかための皮の物が多いのでミニトマトなど並べるとうっかり潰しちゃうかもしれませんね。

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

剥き栗と似通いしかな後の月

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

煮卵で腹膨らます睦月かな

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

まだ遠い春告鳥の出番かな

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『フルーツの棚に置きたやミニトマト』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ