俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カルピスの最後の一滴夏終わり

作者 黒猫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供のころは夏といえばカルピスでした。
「夏終わり」よりもっといい表現がありそうな気がします。

最新の添削

「カルピスの最後の一滴夏終わり」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。黒猫様、いつもお世話になってます。

拙句「あきらめよ生家跡地に夏の草」ご評価有難うございました。
この句は、生まれ育った土地を遺産相続の関係で手放した時のものでした。
すでに生家は解体され更地になり、雑草が生えてきている。上五の「あきらめよ」には、自分で自分に言い聞かせている意と、夏の草に姿を借りた周辺の人物から「いつまでも未練持つな。ここを売ると言ったのはお前だろう?」と責められているような、そんな気持ちが詰まっていました。
いただいたコメントのほとんどがそのようにご理解くださいましたが、中にはうまく伝わらず、これを私の「あきらめる」という決意表明のように受け止められた向きもあったようです。私の表現力不足です。

さて、御句「あきらめて山頂を背に御来光」。いい句です。
山では「あきらめる」こと、すなわち中止の勇気が必要です。黒猫さんの「あきらめて」は自分の決意を書いていますよね。よくわかります。
「あきらめる」という措辞は力が強く、誰が何をあきらめるのか明確でないと誤解を招く場合があります。私のあきらめよは命令形なので、「誰から誰に何をあきらめるように言ってるのか」が重要であるにもかかわらず、それを明示せず、読者の方々の想像に委ねてしまったのですが、黒猫さんのは、どう見ても、自分の意思決定です。わかりやすい。御句では誤読の心配はないでしょう。
冒頭の「あきらめて」と「山頂を背に」という措辞で、山頂まで行けなかった無念さが少しにじむものの、「これで十分。だって、見れなかったわけじゃなくてこんなにきれいに見ることが出来たのだから」という満足・安堵のお気持ちがより表れています。佳句です。

従って提案句などありませんが、御句に影響を受けた詠み替えをいくつか置かせてください。
 これも良し山頂を背に御来光
 九合目輝き同じ御来光
 マイペース四方を照らす御来光

黒猫さんはこの、山頂には到達しましたか?私は初回こそ山頂で御来光を拝みましたが、二回目は間に合わず、八合目で拝みました。三回目は余裕で登頂しましたが、天気が悪くて真っ白、でもこの時はご朱印が目的でしたのでドンマイでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

カルピスを一滴残し夏終わる

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「カルピス」の原液は季重なりセーフかな・・・?
いやでもこの句では原液かどうかわからないですね。
清涼飲料水は基本的に夏の季語なので、ちょっとご注意。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

カルピスのラスト一滴秋隣

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、
カルピスの最後の一滴って、なんか物寂しいですよね。これが夏の終わり感を出しているのがよくわかります。
それだけに、最後の一滴と「夏終わり」がつきすぎている感はあります。
終わりという措辞を避けて、近い心情を読むと少しは和らぎますか?

カルピスのラスト一滴夏惜しむ

うーん、まだ近い。

カルピスのラスト一滴秋隣
カルピスのラスト一滴夜の秋

これでもまだまだ近い気はしますが、いかがでしょうか(*'▽')

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

カルピスを飲み終え夏が一つ消え

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。黒猫様、いつもお世話になってます。

御句、大いなる物悲しさを感じました。私もカルピス好きですが、最近飲んでいません…。子どもの頃は、親がお中元でよくいただきまして、それを薄めて飲むのが大好きでした。
長じて、たまに自販機でカルピスウォーターを購入することはありますが、どうも濃さが好みに合わず…。

さて御句ですが、なんとなく、カルピスがなくなることが「すべての」夏の終わり、みたいに感ぜられましたので、そんなことはないよと。これは夏のほんの一部分であって、まだまだ夏は終わらないよと言いたいと思いました。
とはいえ、
「カルピスを飲み終えても終わらぬ夏」みたいな句もいかがかと思い、結論として上掲の提案句となりました。

黒猫さん、まだまだ夏は終わりません。カルピス次の瓶買いましょう!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「カルピスの最後の一滴夏終わり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今晩は(*^^*)
はじめまして かぬまっこと申します。
こんなのはどうでしょうか❔

カルピスの最後の一滴夏の果

しかしながら、中八なのと「最後」と「果」の字が近いのが気になります。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「カルピスの最後の一滴夏終わり」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

『カルピスを少し濃いめの夏名残り』
こんなふうに詠み変えてみましたが黒猫さんの元句の方が僕は好きです。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「カルピスの最後の一滴夏終わり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場失礼します!

黒猫さんはモッシュピット大好物だったんですね(*'▽')
私はモッシュにはあまりピットインせず、前の方を陣取って踊りぐるったり、小さい小屋ではダイブくらいまででした。
そして、あのフェスの後の静けさったら、秋の気配を感じたなあという感慨でした(*'▽')

黒猫さんも俳句を始められたからには、何か風流に感じることを楽しまれてるということでしょう。モッシュピット一つにも風情を感じるって、何か昔の自分から感じると不思議だし、豊かな気持ちになりますね(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉桜の下のキノタケ戦争や

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

山々の三色羽織かけませう

作者名 クエすと 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏の果て並ぶ服屋の楓色

作者名 Pちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カルピスの最後の一滴夏終わり』 作者: 黒猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ