俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

自転車に女子颯爽と花檀

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

6月終盤以降、植物以外の投句は「サイトのお題」と「七夕」「ところてん」だけのはず・・・

まくはうりも黴もパイナポーも植物ですよ・・・
そして今回の季語「かだん」じゃありませんよう・・・

最新の添削

自転車に女子颯爽と花檀の批評

回答者 三日酔いの防人

イサク様、早速の添削ありがとうございました。ルージュの句の果ててについてですが、食事により、口紅が剥がれてしまった様子です。なかなか、伝えるのは難しいですね。また精進致します。
御句ですが、花檀という季語を知らなかったので、勉強になりました。
私なりに
婦女子漕ぐ檀の花へ颯爽と
ご提案致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

自転車の女子颯爽と花まゆみ

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。私としては、どんな顔かは読者に委ねたい気がします。ところで家の向日葵を観察しました。半分咲いたところで動きが止まります。ただ、成長ホルモンが働いている蕾の段階でも、動かないのもありますし、何本かは、北や東で止まってしまいました。
御句・・上五の「に」が気になりました。なにか意味を持たせたと思いますが、
ちょっとそこで澱んでしまう気がします。「の」の方が颯爽感がでるような。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

えー。何やら、不穏なコメントがありますので。

>イサクさんへ
客観的に見て、イサクさんの対応やコメントが悪い部分があったとは思えないので、お気になさらなくても良いかなと思いました。

「上から目線問題」
これは、確かに悩ましい。多分僕のコメントも、上から目線だと思われて嫌な思いをされている方はいると思う。逆に、良いのができたと思ったら、それを否定されると、一瞬いらっとすることも正直ある。(でもそこはそういう見方もあるかと、切り替える)ただ、これを言いだすと、少々配慮はするけど、何も思ったこと・感じたことを書けない。思ったことは伝えるけど、あとはコメントの受け取り手がうま消化してもらえるかを信じるしかないです。忖度して、良いと思わないものを良いと言わない、悪いと思わないものを悪いと言わないでは、ただの馴れ合いなので意味がないという思いで、僕はやってます。(多分イサクさんも)

>卯筒さん
僕からみて、誰もイサクさんを崇拝しているようには見えないですよ。
俳壇で活躍されているような俳人の方と比較すればイサクさんも全然素人レベルであることは多分みんなわかってます。でも、しっかりと勉強されていて、一定の実力は努力して身につけられているものがあることも分かってます。納得いかない指摘もあるし、見解が違うこともあります。でも、自分よりは実力があると思うので、そういう人の発言や見解は自分にないものの可能性が高いので、注視して参考にはします。
で、多分他の皆様も同じです。いいと思ったものいいとそれぞれが言っているだけですよ。別に、気を遣ってはない。(強者に気を使ってしまう部分はあるかもしれませんが、別に崇拝は誰もしてないです。)

イサクさんも、下手に気を遣って感じたことを伝えないことはしないので、「上から目線」と捉えちゃう人もいるだろうなぁと言うことは理解できます。でもそれも、自分もこのサイトで勉強しているから、少しでも自分が通ったことは還元して上達のノウハウを伝えたい(きっとみんな上達したいだろうから)というだけですよ。で、それを極力、自分なり考えられる理由を添えて説明している。
別に押し付けてるなんてことはなく、受け手がどうするかを委ねている発言で。受け取りたくなければ流せばいいだけです。

もし、今までのイサクさんコメントみて、
・押し付けている
・自由な発言を認めない
・見下している
などと捉えるのであれば、卯筒さんの感情論か、基本的な読解力がないだけです。

感情論でイラッときた、これは誰にもあることで僕にも(イサクさんに対しても)あります。ただ、その感情論を自分なりに消化もせず、ぶつけるだけでは。せめて俳句にでもぶつけてください。。

長文・駄文失礼しましたー。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます!
拙句も、添削句だけ置いて行かれたので、解説を前にいろいろ考えてみることができて、なお勉強になりました!(^^)!

御句、かだんじゃありませんよう・・ということでググって初めて見た、はなまゆみ。
まゆみの花を初めて見ましたが、なかなかかわいらしい花ですね、目立たぬ感じで爽やかなイメージでした。
それが、自転車女子の爽やかさとぴたっと来ましたね(*'▽')
女子颯爽と、中七で切れているのでしょうが、それが颯爽と花檀という流れにも取れて、それがそれでより句の流れの勢いも感じました。

植物の句って、実際見たことのない植物もイメージで勝負していくわけですよね。なかなか取り合わせも難しいですよね。いろいろ挑戦されていますね、イサクさん。勉強になります。

まあ、「パイナポー」は植物というか渋谷のパリピの青年だったかもですけどね(笑)

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
庭プールの句、早速コメントありがとうございます!

下五に庭プールを持ってきたくて無理やり庭プールにしたので、本当はビニールプールと書きたかったんです。上五も「夕焼け」を回避して、他の言葉を考える中で、照は残るという感じが干されたままのプールに合うようで選択しましたが、もっと夕陽が当たってないとだめなんです、確かに。

ここで、言葉選びや文法の甘さを勉強し直さないといけないというのが出ていますね。
この辺り、さらに勉強していきます(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
瓜を漬けている何かは成り行きか望んでのことか分かりませんが満更ではないのは確かなようです。
ご提案の「どうしてこうなった?」な句もそれが上手に面白みに繋がっていますね。

「花壇が季語じゃないならまさか自転車?自転車?」なんてことを思ってしまいましたが、成る程檀の花。
一つ賢くなれました。
自転車女子は季語ではないにせよとても夏な感じですね。

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句「チャラ男」「青楓」ご評価ご添削有難うございました。

御句、気持ちよく拝読しました。コメントで「花檀」は花壇じゃないですと教えてもらわなかったら、パッと見は花壇だと読めてしまいますね。でも違う、檀一雄、檀ふみの檀で、「まゆみ」と読むのですね。別表記で真弓とも書くとのこと。
これについて、強烈に頭に浮かんだことがあるので言わせてください。
かつて阪神タイガースに真弓明信という名手がいました。掛布、岡田、バースと並んで85年の優勝の立役者になった一人です。ある日、彼の名前を、私が「女の子みたいな名前ですね」と、少しバカにしたように言ったら、阪神ファンの先輩が、「アホ、これは花の名前なんや。きれいな花やで」と教えてくれました。
その時はそれで終わりました。
それから数十年。今、私の隠れ飲み友達に真弓さんがいます。一応女子です。今日、ちょっと出かけた先で、なんと、自転車に颯爽と乗った真弓さんを見かけました。「うわ、イサクさんの俳句そのまま!」
と驚きましたが、よく見たら似てましたが別人でした。ここまで全く本当の話です。
また俳句に関係のないお話をして誠に申し訳ありません。しかし、檀の花の可憐さとともに、真弓さんも思い出させてくださって、素敵な句に感謝です。有難うございました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
ソフトクリームの句の懸念事項一つ一つお答えくださり大変ありがたいです。そろそろ歳時記買わないとですね…アイスクリームしか季語として見つけられなかったので不安だったのです。
五七五におさめる技術と描写したいことの釣り合いが取れず、苦肉の策で絵本のようなリズム感で整えたら七七七になったのはやっぱり減点要素ですね。ブツブツ呟きながらもっと良い描写を探ってみます!

どんな女性が颯爽と自転車に乗っているのか色々想像できて爽やかで良いですね。奇をてらわず考えると女学生辺りでしょうか。今は夏休みでしょうから部活か夏期講習への行きの模様が想像できますね。
颯爽と自転車で横切る老婦人の光景でも面白いですね。女子で年齢特定はできないからこその奥行ひろがりというものでしょうか?
花壇はかだんだとパッと見で判断しかけました…まゆみという木の花ですね。勉強になります。庭木や盆栽として親しまれてる木ということは、意識したことがないだけで見たことがあるかもしれませんね。花がなんとも慎ましやかですね。爽やかな色合いを実際に見て句の世界を覗いてみたいものです。

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

いつも拝見しているイサクサマの句だと今回の句は少し重いような印象を受けました。
生意気なことを申し上げて申し訳ないです。

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは🙂
いつもコメントありがとうございます😊
「花壇(かだん)」じゃないんですね。「花まゆみ」…初めて知りました。
これは、ふつうに良い句ですね、さわやかで、颯爽として…
よし造さんの添削句に賛成です。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「自転車に女子颯爽と花檀」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
早速コメントありがとうございます!

そもそも車窓も帰路も省けそうですね。
もし、窓を夏灯し、なら窓へ夏灯し、なのかーらなるほど。夏の灯が飛び込んでくる感じですか。そもそも選択から外れていた、、、。勉強になります!
今回は見たまま光景描写で詠もうとしましたが、無駄な言葉がまだまだありますね。
精進します(^。^)

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

仲陽疾し時は待たずに力湧く

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

湖の波のたゆたゆ残る鴨

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

レンゲ草水筒揺らして駆ける吾子

作者名 出水美代 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『自転車に女子颯爽と花檀』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ