俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

建物の影に隠れて鳴る花火

作者 いくたドロップ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の近くで花火が上がるけど、丁度建物の影で見えなくて音だけ聞こえてきます

最新の添削

建物に隠れて遠き花火かな

回答者 イサク

こんばんは。

花火の音だけ、ということですね。言いたいことはわかります。

◆「建物の影に隠れて(いるから)花火が見えない」というのは、思いっきり理屈ですね。
◆見えていないのですから、近いかどうか(観察という意味で)わからないはずです・・・なので「近い」という意識を句に置くのは不要です。
◆「鳴る花火」確かに、本当に花火が開いているかどうかはわからないですね。鳴っているだけかもしれません。
 とはいえ花火を「鳴る」と表現するのはちょっと寂しいですね。

提案句は、花火がたとえ近かろうとも、見えないので精神的に距離を感じるということで。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

建物に邪魔され音だけ聞く花火

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ドロップ様、いつもお世話になってます。

二、三日前のテレビで、いまの子どもに通じなくなった言葉の特集というのをやっていましたが、その中でドロップもありました。私にとってドロップとは、1. 缶入りの飴 2. 野球の変化球の種類 3. 自転車のハンドルの種類 となるわけで、第一は缶入りの飴なのですが、いまの子どもにとっての飴は個包装のキャンディーでしかないようでしたね。ドロップさんは、どういう意味なのですか?

さて、御句、表現を間違えると、「(大っぴらにはやれないので、建物の影に隠れて(コソコソと)やる花火」と取られる恐れがあります。もちろんそうではないですよね。
そこで提案句は、誤解を招きやすい「隠れて」の代わりに「邪魔され」としました。

姿はみえないが、打ち上げの音が聞こえる。どこかであげているんだな、という、私の好きな「遠花火」という季語がありますが、今回はこれではないですね。近すぎます(笑)!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「建物の影に隠れて鳴る花火」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★
★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句拝読しました!
花火を見たいのだけど、建物が邪魔で花火の音だけが聞こえるということがありますよね。
むしろ、その音が風情のあるものとして捉えているんですよね!わかります。
「隠れて」も誰が?花火が?となる部分があります。花火が隠れているのなら擬人感も出てきます。
また「隠れて鳴る」という措辞もちょっと気になります。
そこで、花火の音だけを聴いている感じを出せたらと思い提案句。

建物の奥に聞こゆる花火かな

これで句意を表せているかと思うのですが、いかがでしょうか(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

露ひたりゆるくほころぶ花野かな

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

時が過ぎ友との別れ桜散る

作者名 once 回答数 : 0

投稿日時:

満月や竹の内なる開耶姫

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『建物の影に隠れて鳴る花火』 作者: いくたドロップ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ