俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の夕入れ替え終えし非常食

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 コロナ禍で避難訓練も出来ないので、各家に非常食が配られました。その手伝いを終えて、我が家のものも入れ替えました。

最新の添削

「秋の夕入れ替え終えし非常食」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。

御句、なかなかいいと思います。一つの地区の行事について、作業が終わった安堵感が「終えし」に表れていると思います。
このままでいいとも思ったのですが、あつこんさんが、ただ単に入れ替え作業をしたのではなく、主催者側の一員として地区の皆さんに入れ替え用の非常食を配り、それが終わったので今度は地区住民として自らの入れ替え作業をしたのだ、ということまで言えないだろうかと思いました。

そこで提案句です。

・秋の夜や吾も入れ替えし非常食

この方がいいかどうかは自信がありません。背景を知らない人からは、「吾も」とは何ですか?と思われるかもしれませんが、私個人としては、上記のような意味を持たせたつもりです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋の夕入れ替え終ふる非常食

回答者 大江深夜

句の評価:
★★★★★

どうもこんばんは。
現代的な句の内容といい斡旋した季語といい文句のない中身かと思います。ただ、「終えし」とわざわざ過去形にした理由がわかりません。
特に拘りがなければ過去形は避けたほうがよろしいかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の夕入れ替え終えし非常食」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

秋の夕と非常食の取り合わせ大成功しているように思います。やりましたーー(^▽^)/
気になるのは、大江さんのご指摘の「終えし」の過去形です。
しかし、どんどん詠む句のレベルが上がっているように思います(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

干魃の憂い抱きてきのう今日

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

駄菓子屋に自転車数多夏休

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

立春や灯油の匂ふ手を洗ひ

作者名 世良日守 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の夕入れ替え終えし非常食』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ