俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

てんてんと絵の具にじみし桜山

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜の季節の山は毎年同じ美しさです。

最新の添削

里山や絵の具にじむがごと桜

回答者 秋沙美 洋

こんにちは。

「てんてん」という擬態語が上手く機能していないように見えます。この句における「絵の具」はあくまで桜を表現するための比喩ですので、比喩をことさら強調する必要性は一考すべきです。

まず山の景を出し、そこに桜+桜に掛かる比喩表現の形で添削句としてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

キャンバスは山絵の具の桜にじむ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

山に咲く「桜」などの色を「絵の具のにじみ」に例えている、という句意でいいでしょうか?
コメントを読むまでは「桜山を水彩画で描いているところ」かなあ?と思っておりました。というか今でもそう読めます。

正直なところ本意がわからないままなのですが、前者の句意を立たせるなら、比喩だということをわからせた方がいいような気がしますね。提案句は句またがりの破調になってしまいました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初明かり絵馬の丸文字照らしをり

作者名 すがりとおる 回答数 : 1

投稿日時:

秋ともしとくとくとくと手酌酒

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

冬空にファイヤーボールなる魔術

作者名 イサク 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『てんてんと絵の具にじみし桜山』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ