俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜩でボリューム上げるはめになる

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

体験談です。
涼しく奏でるイメージの蜩ですが!夕方ぐらいになるとやかましくてテレビの会話が聞こえなくなる思いを句にしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜩でボリューム上げるはめになる」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★
★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句拝読しました。
2点気になるところが。
1点目は、散文的というところです。
上五の「で」によって、ボリューム上げた、なぜ?「蜩のせいで」という説明になっていることを避けたいです。

2点目は詩の趣の部分になります。季語を活かすということでもあるかもしれません。
蜩に何を思うのかはもちろん作者の自由ではあるのですが、そこに情緒のようなものがほしいなという気持はあったりします。あーうるさいなーというのももちろん感情の一つです。「はめになる」というのが詩としては、うーむ。むしろテレビを見ていたのに、蜩の声で、ボリューム下げて、聞き入ったしまった、とかの方が、「蜩」が季語として登場する意味を持つという意味にあるでしょうか。

季語が登場する意味を持つ、季語がそこはかとなく読者に感情をわき起こさせるように、「季語」を取り入れたいなあというのが2つ目の感想です。いかがでしょうか?

もし、うるさいなと表現するなら、「蜩さんが地球すべての音を凌駕する」くらいに大仰にして詩にするというのはアリかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

仲陽休みインド人のトイレブリ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

波の音夕日に飲まれるカモメかな

作者名 F 回答数 : 1

投稿日時:

名城の堀の水抜き牛蛙

作者名 鬼胡桃 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜩でボリューム上げるはめになる』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ