俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蜘蛛の巣がショボかった。

最新の添削

「蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの」の批評

回答者 幸福来々

おもろいw
これ書いてるお前は誰なんだよwって笑っちゃいましたw

人間生きてるとその辺の蜘蛛より、蜘蛛のこと詳しくなっちゃうという機知のある句だと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

面白そうですね!
これをいじるのも面白そう!と思ったのですが
駆け出しの蜘蛛の蜘蛛の巣○○○○○、まで来て悩んでいます。あと下五。

御句、
◆「まだ駆け出し」の「まだ」は微妙ですね・・・
◆「駆け出しの蜘蛛」措辞は面白いので、この擬人化を生かしたいところですね。
◆「蜘蛛の巣が」・・・この句の主たる季語はこちらの「蜘蛛の巣」だと思いますので、助詞は慎重に選択を・・・です。この語順の場合は、後の「まだ」への繋がりもありますので、私目線での断定はしにくいです。

・駆け出しの蜘蛛の蜘蛛の巣まだ半ば

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句拝見しました!

「まだ駆け出しの蜘蛛」という措辞が面白いですね。駆け出しの蜘蛛。小さな蜘蛛の巣を見て、こういう発想の転換で詩にしていくのは遊び心もあり楽しいなと思います。上五の「が」中七「まだ」も、狙われた口語という感じがして、逆にすっと入ってきたように思います。

一方で、遊び心と面白みもありながら、何か深みも感じて、いろいろ自分におきかえて想像してみました。自分では立派な蜘蛛の巣を作ったと思っていても、実はショボい蜘蛛の巣で、周りから見れば、まだまだ駆け出しの蜘蛛で。それが自分の日々の生活や仕事や作句でも身につまされるような。いろいろ考えさせられる句でした!そういう狙いの句だったんでしょうか?鑑賞は句意からそれてますかね・・。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

駆け出しの張りし蜘蛛の巣添削す

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓鐘様、いつもお世話になってます。

この句、気になっていましたがレス遅くなり失礼しました。

提案句、「駆け出しの張った蜘蛛の巣」ここまで出来て止まりました。最初は下五「今一つ」「練習中」「修業中」そういうのでしたが、そのうち、これは私の俳句だな、と思い、「コメントを」「審査待ち」「評価待ち」とかで迷い、結局「添削す」にしました。「添削?誰がするの、そんなこと?」と言われそうですが、ぜひそこは皆さんで…。

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

「駆け出しの蜘蛛」っていいですね!そっと見守っているように感じられて、とてもあたたかい句だと思いました。
季節は違いますが、ウグイスでも「きっと今練習中なんだなー」って思うような鳴き声を聞くことがあります。蜘蛛も最初は下手なのかもしれませんね。
きっとみんな最初はそうなんですね。

「抱き止めし…」の添削ありがとうございました。
提案していただいた句、「ああこうするとよかったのか」と自分の中にストンと入ってきました。子どもが静かになって、そこで初めて蝉の声が生きてくるんですね。
季語は「秋の蝉」の方がよかったですね。やっぱり自分がよく分かっていない季語は安易に使わない方がいいですね。反省。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

ポロシャツの襟へ糸張る蜘蛛払う

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。お久しぶりです。
句を読みまして、気づいた事があります。
この句は季重なりであります。
蜘蛛と蜘蛛の巣がどちらも季語になっております。どちらも夏の季語でございます。
例えば蜘蛛を使った句を手直しした句に投句しました。いかがでしょうか?
あと、季節外れですが星月夜の句を投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再登場失礼します!

おー!ラジヲの句、添削ありがとうございました!これで全て解消できた気がします!明け易き夜、として切れをなくし、深夜ラジオをやめて、ラジオサーフィンの誤読も防げそう、夜のラジヲの表記も表したいエモさを出せているような。

明け易き夜のラジヲの散歩道

いいです!ありがとうございます。はじめからここまで推考したかった、、、。

蜘蛛の巣、種明かしありがとうございます!そうやって卓鐘さんの句は生まれていくのや、と興味津々であります!またいろいろ教えてください!再登場失礼しました!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古の紙きれぽとり大晦日

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

銀杏を落とすは風の又三郎

作者名 新米 回答数 : 3

投稿日時:

仏には目鼻を彫りて大晦日

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜘蛛の巣がまだ駆け出しの蜘蛛のもの』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ