俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

にこやかや生保レディーの黒日傘

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

二十年位前はしょっちゅう生保の勧誘員さんが、
家々を訪問して回ってましたねぇ。

最新の添削

「にこやかや生保レディーの黒日傘」の批評

回答者 小西晴菜

ささゆみ様。私には「黒日傘」と言えば弔事用の印象が強く、「にこやか」との違和感が払拭できませんでした。でも、先日、知人から生命保険の話題が出て、こんな話を聞いて、なるほどと思いました。特定の生保レディーさんか、生保レディーあるあるかは知りませんが、職業柄、担当地域内で葬儀の気配があると、迅速に対応するため、誰に不幸があったのか、自社の契約者かどうかをそれとなく確認するのだそうです。その時に、派手な服装で会場を覗いては失礼なので、普段から黒いカーディガンをバッグに入れていたり、靴も光沢の無いものを選んでいるとか。きっと、傘も、弔事ではなくても、黒いものを持つように心がけているのでしょう。それを思うと、ささゆみ様が、働く女性の矜持を表現されていることがよくわかりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

にこやかに生保レディの黒日傘

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ささゆみさん、こんにちは。
いつも拙句にご評価くださり有難うございます。

御句、ずっと気になっていながら、げばさんが私の言いたいことほとんど言ってくれてるような気がして、それならいいか、と思っていたのですが、やはりのこのこ出てきました。

生保レディはいらっしいます。ただ時の流れとコロナが追い打ちをかけて、活動は目立たなくなりましたよね。
御句、上五のにこやかや、はどうも「や」に違和感がありました。また、作者がそのにこやかさに心から感銘したのか、あるいはわざとらしいと思ったのか、よほど印象に残ったのでしょうけど、「にこやかや」はいかがかな、ほかに言い方ないか?考えました。
さらに、その笑顔と黒日傘の対比。確かにここは白日傘、絵日傘それぞれ全く句意が違ってきますね。
黒日傘に悪徳のイメージは全くありませんが、ここはにこやかと黒の対比が面白いのでそのままにしました。
提案句は生保の女性の自然な微笑みを活かした句です。この他に下記を考えました。
 世辞笑い生保レディの黒日傘
これは提案句として上に掲載するのは憚られましたのでここに目立たないように載せました。

いずれにしても、生保レディを長く続けるのは、かなりの体力、忍耐力が必要なようです。すごいと思います。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

にこやかなる生保レディーや黒日傘

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

げばげば様、なおじい様のコメントを読んでいるうちに、やっとこの句を消化できました。

元句では「にこやか」を「や」で切ってしまって、生保レディーはにこやかにしておりません。黒日傘がにこやかにしております。
ので、提案句です。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「にこやかや生保レディーの黒日傘」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

たしかに、昔は生保レディー回ってましたね。今でもいらっしゃるのですが、ご時世で、なかなか対面回りは大変なようです。ネット訪問のようになっています。

上五、にこやかやという措辞はうむ?と考えたのですが、場面切れというより強調詠嘆でしょうか、ということは、黒日傘といいのはポイントなんでしょうね。にこやかな顔の裏に潜むしたたかさなどを示唆しているのでしょうか。そんなことを考えさせられる句でした。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

里山のアミノ酸の筍煮る

作者名 こま爺 回答数 : 7

投稿日時:

君去りて初空は澄み君のごと

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

根尾村を訪ふひとまばら夏落葉

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『にこやかや生保レディーの黒日傘』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ