俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大瀑布遥か雫の一滴や

作者 たきさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

滝のお題で詠んでみました。

最新の添削

始まりは雫一滴大瀑布

回答者 なおじい

こんにちは。たきさん様、いつも勉強させていただいております。

御句、その雄大さに脱帽です。
わたしはつい先日、登山のお題で
「山登り海の源訪ねけり」なる駄句を披露しましたが、それもあってか共感しました。

ただ最後は「や」で終わらなくても、「や」で終わるのと同様の効果を出すことが出来ると思いますよ。

提案句は、こういうことがおっしゃりたいのだろうと思い、置かせていただきましたが、違っていたらごめんなさい。
拙句との共感を大事にしました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

雫の一滴や遥かなる瀑布

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★
★★

はじめまして。
たきさん。勉強させていただいています。

御句拝見しました。遠くの瀑布と近くの一滴を描いたというところですか。

下五に置く切れ字「や」が気になります。
シンプルに逆にして、一滴雫が触れたと思い、目をやると瀑布の光景、という流れでもいいのかなと思いますがいかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

一滴の雫流れて瀑布かな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

感覚的には疑問点の多い句でした。
「大瀑布遥か/雫の一滴や」で切れるのでしょうか?
「大瀑布/遥か雫の一滴や」で切れるのでしょうか?
どちらにしても、下五の最後「や」が生きてこないですね・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

大瀑布一滴よりか始まりけむ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

今晩わ。
ちょっと他の方へのコメント見て気になったので。
「大瀑布も雫の一滴から始まる」感慨を詠みたかった。とのことで、表現しきれてないかなぁと思うのはありますが、それ以前に「大瀑布が滴の一滴から始まる」という感覚が独特すぎて伝わりづらいと思います。基本的に、多くの人が無意識に感じていることを言葉にするから17音で収まるのですが、独特の感性を俳句の形式で語るのはかなり難しいと思います。(もちろん成功している句もたくさんある)

「大瀑布も雫の一滴から始まる」がまだちゃんと理解できてないんですが、遥かむかーしに1滴落ちたところから生まれた滝であるはずだ。ってことでしょうか?それとも今見ている大瀑布の1滴を見つめそこから全体が広がっていくような感覚のことでしょうか。

前者に挑戦してみた提案句(成功は僕にはできる気がしません。)
断定は、発想が特殊なので、過去推量の助動詞「けむ」を使って弱めてみました。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

呼び鈴のありし窪みに苔の花

作者名 たけたけ 回答数 : 3

投稿日時:

夕顔に行ってきますを告げる日々

作者名 塩豆 回答数 : 2

投稿日時:

蛍飛ぶ旅のプランのこと一寸

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大瀑布遥か雫の一滴や』 作者: たきさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ