俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

卓上のバナナいつしか変声期

作者 村山陽子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

バナナが変色てていたのをみて、息子のいつのまにか変声期があった事を、詠んでみました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

三男の変声期来るバナナ熟る

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

変声期というのは大体いつの間にかやってくる物ですから、わざわざ「いつしか」と書く必要は薄いかと。
原句、変声期が誰の変声期なのかが分かりません。しっかり自分の息子の変声期だと分かるよう情報を入れ込みたいです。

原句の書き方だとバナナが変声期を迎えたみたいになっていますので、結構ガッツリと措辞を変えました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

卓上のバナナいつしか変声期の批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★
★★

村山陽子様、おはようございます。
バナナと変声期の取り合わせは絶妙ですね。
他の方からも指摘があるように、現句のままですと、バナナが変声期を迎えたと取られかねません。
しかしながら、卓上という部分は外せませんね。ここに、食卓や家族が集う場所という意味合いが出てきます。
『卓上』と『変声期』という言葉で、家庭での思春期のお子様は容易に想像できます。
バナナの情景を描きながら、なるべく形を変えずに、
卓上のバナナ熟する変声期
とご提案致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「卓上のバナナいつしか変声期」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「(色が熟していく)卓上のバナナ」と「(思春期の少年の)変声期」の取り合わせはいいですね。全然関係ないものをただ並べるだけの取り合わせの句としてかなりうまくいった句だとおもいます。
理屈じゃなくなんか見合ってるというのはこのことでそこに意味的な繋がりはなくていい。でもちゃんと思春期の少年と家族をちゃんと思わせる。意味のつながりはなくても句の世界はできあがってますね。
「いつしか」は確かに議論が別れるそうです。個人的にはバナナも声も変わりの時間の流れをゆっくりと思わせてありだとおもいます。じっくりと育っていっている感慨がでてるかと。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

卓上のバナナいつしか熟年期

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
村山陽子様、いつも勉強させていただいております。

御句、バナナにも変声期があるとは、初めて知りました。これまでは声を聞いたことがなかったものでしたから。やはり、可愛らしい高い声からオッサン臭い低い声になるのでしょうか?

提案句は、果物には馴染みやすいかなと思い、熟年期としてみました。
ご笑覧ください。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「卓上のバナナいつしか変声期」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

私の中ではこの句、すごく良くできた句だと思います。
中学生ぐらいの男の子の景がちゃんと見え隠れしています。
下五の意外性も良いですよね・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

卓上のバナナや息子の変声期

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
村山陽子様、いつも勉強させていただいております。

御句につき昨日提案句を置かせていただきました。
しかし今朝、諸先輩方のご評価を拝読して、また少し考え方が変わりましたのでもう一度提案句置かせていただきました。
昨日は、バナナを食べないで置いておくと、青かったのも黒い斑点が出てきてよく言えば熟していい味になり、悪く言えばどんどん古くなる、子どもと同じでいつの間にか歳とるんだなあという気持ちと思い、熟年期としました。小学生だった息子が、もはやいいオッサンに、という老いた母親の感慨もありました(陽子さん、お若かったら勝手にごめんなさい)。
しかし、季語であるバナナを立てて、変声期を迎えたのはバナナでなくて息子であるということをはっきりさせるために今日の提案句とさせていただきました。よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

卓上のバナナいつしか変声期

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

はじめまして、初心者物ですが添削失礼します。
まずバナナは熟す物なので、いつしかはいらないと思います。
でもバナナと変声期を合わせたのは凄いと思いました。
勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花に降る雨音の静かかな

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

取り敢えず仕事が終わり眠ろうか

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

校舎より別れのことば土筆摘

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『卓上のバナナいつしか変声期』 作者: 村山陽子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ