俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏空や飯とかっこむ上ロース

作者 ゆるくわ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

GWも終わりそうで仕事への英気を養うために焼肉に行きました。
「かっこむ」で勢いと、高い上ロースをそんな急いでくうんかい!というのを、夏の空というエネルギーのある季語とあわせてみました

最新の添削

「夏空や飯とかっこむ上ロース」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「焼き肉」というコメントなしで見れば、初夏のバーベキューの景かなあと思います。
あまりバーベキューで「飯とかっこむ」ような食べ方はしないかも、ですが。

「上ロース」で視点が終わるのが詩的ではないといえば詩的でないですし、違和感と言えば違和感ですね。
「かっこむ」が上ロースの描写ではなく誰かの行動なので、どうしても報告じみて見えます。
下五「上ロース」にするならば、「上ロース」の描写にするのが基本かと。

・夏空や胃の腑に落つる上ロース

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏空や飯とかっこむ上ロース」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

渡邊さんお疲れ様です。素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしですね!
御句は季語5音+フレーズ12音な基本の型を意識しているのと、「上ロース」という焼肉屋とわかる上手いフレーズが良いですね。この句のままなら某俳句番組でも70点添削なしとなりそうです。

ただ、たーとるは最後に上ロースが出てくるとロースにアップがいってしまい、折角の勢いが少し削がれているように感じました。ここは「かっこむ」で締めるべきかなと。
→夏空や飯と上ロースかっこむ
→夏空と飯と上ロースかっこむ

あと、「夏空」だとゴールデンウィークには早すぎるので「夏来る」「夏近し」に変えるのも良いでしょう。
総じて、これまでの渡邊さんの句ではかなり良句と思います。次回も是非。

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏空や飯とかっこむ上ロース」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

俳句に置いて、最も重要なものは型うんぬんよりも「詩」であることだとおもうのです。申し訳ないですが、この句には詩のかけらというものが見当たらず。

また、「上ロース」はコメントにあるように焼肉屋を思いますが、「夏空や」は説明がない限り屋外を思いますので、そこも少しチグハグ。

春愁や飯とかっこむ上ロース
八月や飯とかっこむ上ロース

くらい離せば少しはましかもしれないのですが、やはりどうにも焼肉屋で上ロースを勢いよく食べる姿に詩情が感じられなくて。。。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

仮初に坐禅を組めば風薫る

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

粒々は唐辛子に非ずとまと

作者名 弥平 回答数 : 1

投稿日時:

冬寒しランドで使う金もなし

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏空や飯とかっこむ上ロース』 作者: ゆるくわ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ