俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泉とは名のみの穴やご神水

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「泉」で詠みました。
山歩きしていて「えっここが?」ということはよくありました。

最新の添削

辛うじて泉と呼べる穴在りぬ

回答者 秋沙美 洋

こんにちは。
泉三連続の中ではこの句が一番好きですね。
ただ僕もこれは泉よりも御神水の句になっているかなと思いました。
提案句、御神水を諦めて枯れかけの泉に焦点を絞ってみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

神水と呼ばれし涸れさうな泉

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

三連投句の中でこの句が最も風景があります。
「昔は泉として滾々と水が湧いていたが今は出なくなった」のか、「地元の人間が大げさに語っているだけでもともと水量が少ない」のか、想像がブレるので、本当は表現したいところです。
御句では「ご神水」を茶化してしまっているため「ご神水」の句となってしまっています。季語「泉」に引き戻しましょう。
十七音で足りるかどうか・・・これは私の練習でもあります。

・涸れさうな泉のありて泉と呼ぶ
・神水と呼ばれし涸れさうな泉

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

泉とは名のみの穴や炎天下

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

これも「泉」の句としては、泉がしょぼいもの扱いされて泣いてます。。。
季重なりで「炎天下」を最後に持って来れば、しょぼい感じが季語に託せますかね。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

異国での赤提灯や冬の路地

作者名 鴨長迷 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ひらひらと草原の上つばめ飛ぶ

作者名 くりもな 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

編笠や顔を隠して風の盆

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泉とは名のみの穴やご神水』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ