俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

引きこもり傘と無縁三十路かな

作者 白南風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現代社会の問題を俳句に詠んでみました。
性格が暗いので、思いつく俳句は尽く陰があり申し訳ないです。
たまには希望に満ちた句を読みたいです。

最新の添削

「引きこもり傘と無縁三十路かな」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。
白南風様、いつも勉強させていただいております。

御句、最初私は「引きこもり傘」とは何か?と思っていました。
「傘と無縁の」とすれば、もはや井上陽水の名曲「傘がない」が鳴り響きます。
そうです。問題は今日の雨。傘がない。
白南風様は、ここで梅雨という季節を暗示なさったのではないでしょうか?

指摘事項: 字足らず

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「引きこもり傘と無縁三十路かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今晩は(*^^*)
三十路とはお若いですね。
「引きこもり傘」と読めます。なので

上五字余りにして

引きこもりて傘と無縁の三十路かな

無季の句ですね。

白南風さんは性格が暗いとは思えない俳号ですよ。(*^^*)

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「引きこもり傘と無縁三十路かな」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

白南風さん、こんにちは。

社会と隔絶して生きている引きこもりにとって、「無縁」の物はたくさんあるでしょう。何故そこから傘を抜き取ったのでしょうか?ここの辺りの作句の意図が掴めず、添削しようにも何から手をつけてよいのか…という感じです。
季語も入っていないので、どうして俳句としてこの題材を詠んだのか?俳句である必要性は?と、いろいろな疑問が湧き起こっております…。

中六に関しては「の」を入れ忘れただけでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「引きこもり傘と無縁三十路かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

中六の字足らずになっているのはお気づきですか?
(かぬまっこ様の提案される句は、そこも解決しています)
テーマとしては無季でもいいと思います。

社会問題系の俳句はそもそも季節も関係ないものもあり、俳句という体裁をとるかどうかは個人の美学ですね・・・ご自身の俳句への思いが問われます。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

春の雪降ればいいのに今だけは

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

峠越ゆ日の移ろいや秋時雨

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『引きこもり傘と無縁三十路かな』 作者: 白南風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ