俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨の空とんび眺める虹と孫

作者 井手畑 友教  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

サザエさんを観てたまたま読んだ句です。
季語が2個はいってますが、いかがですか?

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

虹の色とんびが見つめ目を回す

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

「いかがですか?」ということですが、あまり良くないように見えます。
・要素が多すぎて、何を想像したらいいかわかりません。お互いに関連もしていないので、どう整理しましょうか・・・
・「梅雨空」と「虹」を両方入れるのは厳しいですね。
・「孫」が突然登場してびっくりです。

テレビなどでインスピレーションを得るのはよくあると思うのですが、自分の選んだ言葉(完成した俳句)が、句の受け手にどんな映像を想像させるのか、もう少し考えた方がいいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨の空とんび眺める虹と孫」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

2気をつけてみてください。
1、詩を作ろうという意識
伝えたい状況や情景(場合によっては
観念)に詩心があるか

2、焦点をしぼる
なんでもかんでもいれようとせず部分、瞬間を伝えて全体を感じさせる
(なんせ世界最短の詩型なので

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨の空とんび眺める虹と孫」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

井手畑さん、こんにちは。

この句はあまりよろしくありません。
イサクさんより既にありますが、一句の中の要素が多過ぎです。「梅雨空」「とんび」「虹」「孫」
俳句は十七音しかありませんので、詠みの対象は極限まで絞らねば十七音の器はたちまち溢れかえります(このセリフ、今まで何回言ったんだろう…)。

まず季語が二つある部分から正す必要があります。「梅雨空」「虹」のどちらを削りましょうか?

初学の内はまず「季語を一つに五七五で書いてみる」という基本をしっかり押さえた作句を。
基本をないがしろにしていては上達はありません、頑張って下さい。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

梅雨の空とんび眺める虹と孫の批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★

井手畑 友教様こんにちは。サザエさん、面白いですね。
皆様ご指摘の通り、ワードが少し多い気がいたします。梅雨空は省いてはいかがでしょうか?
孫が出ているので、祖父母もいるのでしょう。
鳶を孫が見上げていて、あたかも偶然かかった虹も鳶を見ている様だという情景かと思いますが、孫と一緒に虹と鳶を見たという情景にすれば無理はないのかもしれません。
孫どもと虹より出し鳶の舞
とご提案致します。

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

日盛にドライブあてもなく北へ

作者名 74 回答数 : 5

投稿日時:

草笑う残るは手と道にとかげ

作者名 やろう 回答数 : 1

投稿日時:

背中越し揺られる梅花偲ぶ車窓

作者名 val 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨の空とんび眺める虹と孫』 作者: 井手畑 友教
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ