俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

杉落葉むかし私を噛んだ犬

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

普段推敲句をここに出す事はあまり無いのですけど…

最新の添削

「杉落葉むかし私を噛んだ犬」の批評

回答者 たきさん

拙句への御批評ありがとうございます。バイト終え、の箇所ですね。そこは私もどうかなと思っておりました。豊富な表現力と工夫が必要ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「杉落葉むかし私を噛んだ犬」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんなのはどうでしょうか❔

杉落葉かつて私を噛みし犬

その犬に思い入れがあるのですね。しかしながら、「私」を「吾」とすればも少し情報を盛れますね。

杉落葉かつて吾を噛みし黒犬

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「杉落葉むかし私を噛んだ犬」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

こちらの句の方が、とりあわせとして季語「杉落葉」が理解できます。
どこが違うと聞かれると困りますが、季語を上五に持ってきた語順も理由のひとつのような気はしています。いますぐには理論的に説明し辛いです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大鍋に貰ひし栗を湯掻きたり

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

夜桜やこの子はきつと美人だわ

作者名 卓鐘 回答数 : 8

投稿日時:

卵割る小さき響き寒に入る

作者名 近江 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『杉落葉むかし私を噛んだ犬』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ