俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

決戦は午後一時より夏霞

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「夏霞」(なつがすみ)は季語「朝曇」の傍題です。夏の朝の靄(もや)ですかね。日中は当然、晴れて炎天下となります。
甲子園か、地区予選の決勝戦をイメージしました。(ちょっと季節ははやいですが…)
何のスポーツでもいいですよ。
なんなら、武道の決闘でも。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

決戦を待つグラウンド夏霞

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

コメントが付かないのは評価が難しいからかと・・・形はできていると思います。
読後感がもやっとして、その理由を探していました。

下五の季語「夏霞」(朝)に対して、上五中七が未来の予定(午後)を詠んでおり、時間の整合に違和感を感じるのだと推測しています。
人それぞれかもしれませんが・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吉兆の榊花咲く梅雨の朝

作者名 福田えり子 回答数 : 2

投稿日時:

雨重し若楓滝の如くあり

作者名 西風子 回答数 : 4

投稿日時:

蛍飛ぶトワイライト便りかな

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『決戦は午後一時より夏霞』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ