俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山吹や緑濃くなる里の山

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

山吹が咲くころは里の山は緑が濃くなる。

最新の添削

「山吹や緑濃くなる里の山」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

これは発見の句として置いておいて・・・

晩春・初夏の山の「緑が濃くなる」のはそういう季語が多くあり、この季節のあたりまえ、でもあります。

季語を避けても季語と同じ内容を言えば季語と同じくらいの力を持つと思うのですよね。
「山吹の花と青葉山」では季重なりですが、目の付け所そのものは悪くないと思いますので、それぞれを生かす俳句を・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

向日葵は天動説を信じてる

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

植田にて正午の時報謝仏の日

作者名 岡 美里 回答数 : 2

投稿日時:

不如帰朝な夕なの吐息とも

作者名 岩田哲明 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山吹や緑濃くなる里の山』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ