俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

籠り居の五月雨月のピアノかな

作者 ののか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

五月雨月、さみだれづきと読んでください~。言わずもがなですね。一人で起きていて、ラジオでピアノなど聞いていました。なんか良い季語ないかなと探していて、五月雨月という響きに衝撃!五月雨のように奏でられるピアノとピッタリかも!と使ってみました。コロナで鬱屈した気持ちを晴らす感じが出てれば幸いです。

最新の添削

「籠り居の五月雨月のピアノかな」の批評

回答者 西風子

ののか様
沙羅の花落ちる西風子です。
添削、ありがとうございます。仰ることはよくわかります。どうも私の作句態度は性急なところがありますね。さっきまであったものがもうない、あそこにあったのになあ、という感興を詠みたかったのですが、難しいです。ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「籠り居の五月雨月のピアノかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「五月雨月」という季語を探しあてたのは正直「すごい」のひとことなのですが、コメントを読まずに誤読した方がいらっしゃいますね。本来は読み仮名か音読で回避できるのですが・・・

ご自身が演奏しているような景になっております。
それはそれでありと思いますのでこのままいただきます。

が、もし「ピアノを聞いている」とはっきり言いたいのであれば、泣く泣く季語の変更ですね・・・(繰り返しますが、掲句で満足してらっしゃるのならば必要はありません)
・梅雨籠りラヂオはピアノ奏でをり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

五月雨やステイホームに弾くピアノ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

ののかさん、こんにちは。

「籠り居の」という場所情報を上五で提示した直後、時節の季語である「五月雨月」を持ってくる事に違和感を覚えました。
順番としては「五月雨月の→籠り居のピアノ」とした方が、読者へスッと通るかなと思います。
「〜の、〜の、○○」といった書き方も、御句の場合ですと余りリズムが良くありません。
添削では「五月雨月」を諦めて、五月雨のピアノに焦点を絞ってみました。

また句だけを読んだ時、ラジオから流れているピアノだと悟る事は難しいです。やる事が無い巣篭もりの部屋でピアノを演奏している、という景は原句にも出ているのですが…
もしラジオを聴いている景を出すのであれば、思い切って固有名詞を用いるのもアリでしょう。

「『ショパンエチュード』五月雨のラジオより」
音数調整して(より、を省略するなど)実際流れていた曲名を当てるのも良いですね。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

志ん朝も談志も聞かず風邪寝かな

作者名 なおじい 回答数 : 13

投稿日時:

名月や句才なき身ぞ嘆かわし

作者名 ソウ 回答数 : 0

投稿日時:

色紙展一輪さしぬ紅椿

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『籠り居の五月雨月のピアノかな』 作者: ののか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ