俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の闇嫉妬深き女の夜

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

それは私です。ミステリー❗🎵(*^^*)🎶

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の闇嫉妬深き女の夜」の批評

回答者 ハオニー

どなたかの添削が私の考えた添削と同等以上だったとき、相当頭使って違う答えを導くのです
ハオニーは少なくとも、そうした厳しさには慣れています

春の闇深き女の嫉妬かな
これ、切れありません
そういう読み方もきちんとできます

春の「闇深き女」の嫉妬かな
と読むのです
これで「闇深き女」って誰だ?という謎も感じられます
やはり「嫉妬かな」と、きちんとオチるところにオチが来ましたね

バランスを取りつつ、切れのない12音がほとんどぶれずに「嫉妬かな」という詠嘆を引き立てています
私が初級者にオススメしたい切れ字「かな」の使い方はこういうものなのです

ハオニーも少し考えてみました
嫉妬と聞くと、どうしても「女性」は想像通りです...
逆もしかりです
そこになかった驚きを、語順と言葉選びでなんとかできないか考えてみました

軽い切れがあってもいいのです
春の闇深く乙女を嫉妬かな

とすれば、読み手の予想を裏切りつつ場面を展開できます
「を嫉妬かな」は普通の考えでは置けないものです

原句は破調でギザギザな感情が出ているのですが...
下五の「夜」は「よる」とも「よ」とも読めることが悩ましいです
読み手はやはり五七五を目指して読もうとするものですから、中七の「の」が抜けているのかな?と解釈するものです

纏まらないお話でした(

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の闇嫉妬深き女の夜」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさんに痛くもない腹を探られてしまった腹胃壮です。こんばんわ。いつも御世話になります。もっと下でも良かったんですよ。さて、リズム感に破調の良さが感じられません。

春の闇深き女の嫉妬かな

ではどうでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

岩峰にさえずる鳥や雪解なり

作者名 しゅうこう 回答数 : 4

投稿日時:

この音はライト定位置息白し

作者名 南風の記憶 回答数 : 6

投稿日時:

我も走る納得の月師走なり

作者名 秋恵 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の闇嫉妬深き女の夜』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ