俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

緋色さす君の化粧に秋立ぬ

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話になります。
ここ何年かはマスクで顔が隠れ女性の化粧で季節を感じられることも少なくなったかも知れませんが…
変わる季節や気持ちの切り替えというところを詠みたいと思いました。
宜しくお願い致します。

最新の添削

「緋色さす君の化粧に秋立ぬ」の批評

回答者 なおじい

コウさん、こんにちは。
御句拝読しました。どちらかというと涼しさを表すための色を使う夏のお化粧から、温かみのある緋色を使うようになったのを見て、そうか、秋になったんだな、と思ったという句ですね。いいですねー。
あ、でもそれだと因果関係とかになるのかなぁ。

私は上手く言えないですけど、中七で切れを入れたいと思いました。

・緋色さす化粧の君や秋立ちぬ

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

次つぎと光る雫や深雪晴

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

紫陽花や狛犬にらみ魔を封ず

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

女将出でわたしのものといふひいな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『緋色さす君の化粧に秋立ぬ』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ