俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

物言わぬくちなしの花濃く白く

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

好きな人と嫌いな人がはっきり分かれそうな、香りの強い花だと思う。

最新の添削

くちなしの語る香りや濃く白く

回答者 なおじい

こんにちは。
優子様、いつも勉強させていただいております。

御句、「物言わぬ」がくちなしの花の枕詞のようで興味深く拝読しました。以前、我が家でも鉢植えを育てたことがありますが、本当に香りが強いですね。
私たちの世代には、くちなしの花というと渡哲也の名曲が浮かんできますが…やめましょう、半世紀前の話でした。

提案句は、添削とかではなく、「くちなし=口無し」と、「語る」を掛けてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

庭園の梔子の花濃く白く

回答者 カイ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
句を読みまして、私には三段切れに感じました。
上五をぬで言い切って切れを作り、中七の季語で名詞切れをして、下五で花の色は濃い白である。と言う形になってます。
句で切れは1つが定石とされてます。
提案ですが、具体的な場所を上五に置くと映像がより分かりやすくなると思い、上五に場所の名前を組み込みかつじょしで上五中七を繋げて切れを一つにしました。
いかがですか?
私句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、カイさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

汝も一人我も一人なる花見かな

作者名 よし造 回答数 : 3

投稿日時:

冬の朝犬も滑るか日陰径

作者名 森 教安 回答数 : 2

投稿日時:

ぽつねんとケータイ灯る冬木立

作者名 げばげば 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『物言わぬくちなしの花濃く白く』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ