俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

靴紐をほどくベンチに風薫る

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

テニスの後の心地良い疲れを。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「靴紐をほどくベンチに風薫る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

かぬまっこさんのおっしゃる助詞ひとつで、句が劇的に改善すると私も思います。

他の点は、ずいぶん客観視できていて良いと思います。
「ベンチ」と聞いて「公園」「散策路」「野球」「テニスコート」いろいろ思い浮かぶのかもしれませんが、そこは説明しすぎなくとも大丈夫かと思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「靴紐をほどくベンチに風薫る」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。

御句、ここ最近見た登盛さんの句の中で一番良い句に思いました。

まず「靴紐をほどく」という始まり方が良いですね。この八音で何かをやり切った、あるいは一段落つけたという状況が掴めます。そこに「ベンチ」と続き、一休みの光景も見えて来ます。
そして下五「風薫る」この結び方が絶妙です。「靴紐をほどく」開放感と季語とが軽やかにマッチして、靴紐をほどくベンチと薫風が互いに高め合っているような、実に良き句になっていると思います。

初読の印象では、季語の選択と助詞の選択に疑問がありまして。試しに助詞を変えて

「靴紐をほどくベンチへ薫風す」
とか。または助詞も季語も変えて
「靴紐をほどくベンチへ若葉風」

などいくつか試してみたのですが、やはりこの句は「に」だなと思いました。
そして季語も、若葉風などとするより「風薫る」という嗅覚情報に寄った季語選択が、この句は合っているなと。

下手に添削をするより、原句のままで楽しみたい句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

風薫るテニスシューズの紐解けば

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

靴を脱ぐというのは意外に開放感がありますね。
私の読解力不足かもしれませんが、一読野球のベンチと思い、そこから物語を考えてしまいました。コメントを見ての提案句です。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の夜や血圧上がるルービック

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

秋の虹部屋一面の笑い声

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

送り火や空に瞬く一等星

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『靴紐をほどくベンチに風薫る』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ