俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

側溝へ来るどこから水馬

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近見た記憶がないのですが、昔地元では雨が降るたびにどこからか登場してきました。

虫の句連続で、虫の苦手な方にはすみません。

最新の添削

「側溝へ来るどこから水馬」の批評

回答者 74

こんばんは。いつも細やかなご指摘ありがとうございます。
「あてもなく」は慣用句のようなものでした…!助詞の効果含め見直しを気を付けるようにします。
すごい旅をされてますね!ぐるっと一周というよりあちこち要所をきちんと観光されたのでは?イサクさんのように光景の経験値がぐんと溜まるような旅をしたいものです。

少し前の句へのコメントすみません。
アメンボは何処から来るのか一度気付くと不思議でたまりませんよね。普段は水溜まりなど関係ないところで過ごしていて、雨や水溜まりのときに元気に飛び出してくるのでしょうか。
場所(状況)→疑問→正体(アメンボ)と綺麗な構成ですね。勉強になります。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

何処より側溝の端の水馬

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

狙ってこの語順にしたんだろうなというのは悟れるのですが、例に漏れず狙いの意図は悟れぬままです。
試しに「側溝へどこから来る水馬」とした所、確かに面白くはないですね。

一つ確信を持って思ったのは、「へ」という助詞を用いるのでしたら「来る」は書き過ぎ・説明し過ぎではないかなと。
添削では水馬にカメラをよりズームさせる狙いで。端は「は」とお読み下さい。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

側溝へ来る何処から水馬

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、添削ありがとうございます😊
拙句、「むかしむかし」のほうが良かったですかね…ただ、字余りでも「昔の昔の」のもったり感も捨てがたいのです🤔
確かに、単純すぎて、変化球が欲しかった、というご指摘、その通りだと思いました。
御句ですが、「水馬」は"みずすまし"でいいですよね。きれいな季語だと思います。
ただ、中七の「来るどこから」が字足らずで、どうですかね…
古語の「いずこから」を使って変えてみました。「側溝へ」と合うかどうか、分かりませんが…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「側溝へ来るどこから水馬」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

イサク様。拙句「常連のツバメ」にご指導くださり、ありがとうございました。御礼が遅くなり、申し訳ありません。推敲にあれこれ迷ううちに梅雨入りし、件の店についても、年内取り壊しとの噂が聞こえてきました。さて、御句の「水馬」、子どもの頃には都会でもよく見かけましたが、もう長い間出会っていません。「どこへ行ったんだろう?」と思っていましたが、確かに、そもそもどこから来ていたのでしょうね。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「側溝へ来るどこから水馬」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
栗の花の句への添削いただきありがとうございました。なるほど‼︎ しっかり因果関係成立させていました。私は陥りやすいです。

御句拝読させていただき、確かに! アメンボってどこから来るのだろうと。飛んでいるのを見たことないしなぁ〜、湧いて来る訳ないしなぁ〜、などなど思いが広がって楽しかったです。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二拍手の手指も凍てる朝詣り

作者名 丸内 毅 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

スケートで君のおしりでひび入る

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

朧月またねと笑顔それ最後

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『側溝へ来るどこから水馬』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ