俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

五本目の卒業生の百日紅

作者 きむらゆい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

卒業生の植えた百日紅が花を咲かせた感慨を読みました。ちなみに体験を読んだ句では無いので全て嘘です。

最新の添削

校庭に五本の記念樹百日紅

回答者 なおじい

こんにちは。きむらゆい様、いつも勉強させていただいております。

御句、第一印象は卓鐘様と同感でした。イサク様のアドバイスを参考に、私なりの提案句を挙げさせていただきました。
校庭に、ということで卒業生の贈り物と思っていただければと。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

記念樹の五本目の咲く百日紅

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「卒業生」「百日紅」の季重なりで、ややアウトの構成と思います。
「卒業生」を残すのも可能ですが、百日紅の「花」を明確に季語にしないと、季節がわからないですね。御句では百日紅の「木」を想像させるような構成で、これでは季節がわからずに季語にならないので。

卓鐘様の言われている誤読についても、百日紅の花を表現できていないことが理由の一つです。
語順も変えたいですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木の下のカマキリ空を睨みけり

作者名 ハオニー 回答数 : 3

投稿日時:

初夢のおウチde俳句伊藤園

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

ウェブ会議部下の狭窓の渡り鳥

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『五本目の卒業生の百日紅』 作者: きむらゆい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ