俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

籐椅子やレコードの針上げ忘る

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔のレコードが聴きたくなり、古いプレーヤーに掛けました。のんびりと聴いていたのですが、ジジジジ〜と。そうでした!自分で針上げなきゃいけなかったんだ! いちいち立つって、昭和はアナログでした。

最新の添削

籐椅子やレコード針の下りしまま

回答者 秋沙美 洋

登盛さん、こんにちは。

レトロな針レコードは見たことありませんが、なんか面倒そうだなーという印象を受けました。その分音は独特の良さがありそうです。
御句、静かな光景に対して「下げ忘れ」という人物の動作が少しうるさい感じがしました。より客観写生に寄せる意図で「下りしまま」としてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夜長しレコード針は下りたまま

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

登盛満さま。添削などおこがましい初心者ですが、自分の思い出と重なったので、投句させていただきます。以前、オーディオマニアの夫が不眠症に苦しんでいました。眠れないからと、お気に入りの椅子(籐ではありません)に座り、お気に入りのレコードを鑑賞。時々、曲が終わった後の回転音が聞こえて、そのたびに私は「布団ではだめだけどここなら」と安堵しました。でも、勝手に針を上げると、変化に気づいて目を覚ましてしまうのです。冷える夜には毛布でも、と思うけれど、それも目覚める原因に。私もあれこれ対応に悩みました。幸い、夫は今は元気に趣味の音楽を楽しんでいます。(ちなみに、夫が言うには、レコードの音が本当にわかっている人は、たいてい手動式アームのプレーヤーを使っているんだそうです。)

点数: 0

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

姉さんのほうれん草で癒すなり

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

子の不意の訪問おのが誕生日

作者名 田中喜美子 回答数 : 3

投稿日時:

青き麦若者たちの青春花

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『籐椅子やレコードの針上げ忘る』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ