俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

葉桜の下にプッカとアポロと紗々と合掌する車掌

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たまに「要素を詰め込みすぎてよくわからなくなっている」という指摘を受けてしまいます。
前回の句に至っては、水に極限まで近くしようとしたつもりで作ったのに言われてしまいました。もはや酸素原子まで抜かなくてはいけないのか?という気持ちですね。
とりあえず無意味かもしれませんが、僕の中での「詰め込みすぎってこういのを言うんですよね?」と思うものを共有するために捻ってみました。さすがにこれを俳句と呼ばないのは僕でも分かりますってくらい字余りで調子もデタラメです。

最新の添削

「葉桜の下にプッカとアポロと紗々と合掌する車掌」の批評

回答者 秋沙美 洋

根津さん、こんにちは。

根津さんのゴールデンウィークの句は「詰め込み過ぎ」というより「書かなさすぎ」な事に問題があります。
ゴールデンウィークを優先してしまった結果、景を描くのに必要な情報(生協という場所、商品という物質)を省いてしまいました。これではピッキングという語句を出しても生協の一場面なんだなと伝わりません。
読者と書き手の間には深い深い溝があります。その溝を埋める努力をしなければ、たちまち自己満足の俳句となってしまいます。

揚句と揚句のコメントに関しては大体イサクさんが全て仰っているので僕からは控えます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

葉桜やチョコ菓子並べ合掌す

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
横から失礼します。

これでは「詰め込みすぎ」ではなく「並べただけ」かと・・・「単語がいっぱいある」状態ですね。それもやけくそ気味に。

「詰め込みすぎ」の例は下の通り・・・

例)
例えば「晴れた朝、小鳥が鳴いていて、すがすがしい風が吹いていて気持ちいい」
これを実景だからといって全部詰め込むと

・晴れた朝鳥鳴きすがし風気持ちよし

ここから、俳句にするために、主役を「小鳥」にして「風」をあきらめ、「気持ちいい」も自分の感情なので省略する、などの推敲をします。
そうすると、使わなかった音数の分「小鳥」を表現する言葉も入れられるようになります。

・すがし朝小鳥姿を見せず鳴く

駄句ですが、最初よりは俳句っぽいかと思います。
例終わり)

こういう推敲をするのに、季語「ゴールデンウィーク」は八音も使うため不利な季語。「ピッキング」の意味を通じさせるには「棚に菓子の陳列(取り出す?)」の説明が必要なので、十七音に収めるのは難しく、ならば季語を変えた方がいいかも、ということなのだと思います。
横から失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬薔薇夜明けの色に今日も見て

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

行列の汗も下味芋煮会

作者名 なおじい 回答数 : 4

投稿日時:

代掻きてともに晩酌田はひとり

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『葉桜の下にプッカとアポロと紗々と合掌する車掌』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ