俳句添削道場(投句と批評)

宮本宏之さんの添削最新の投稿順の2ページ目

「横文字に馴らされてふと昭和の日」の批評

回答者 宮本宏之

添削した俳句: 横文字に馴らされてふと昭和の日

いなだ様、添削にありました旧仮名遣いはおっしゃる通りかと。ありがとうございます。
ふと、は重くなりそうな昭和への回顧を柔らかくしていて良いな、と思いました。

点数: 1

「うららかやママの靴履き大人顔」の批評

回答者 宮本宏之

添削した俳句: うららかやママの靴履き大人顔

宮下様、コメントありがとうございます。
可愛らしい句ですね!微笑ましい光景が浮かんできます。不遜な表現かもしれませんが、好ましい句だな、と思いました。

点数: 0

「袋角ひと雨ごとに芽を伸ばし」の批評

回答者 宮本宏之

添削した俳句: 袋角ひと雨ごとに芽を伸ばし

そうり様、いつも添削、コメントをありがとうございます。勉強、励みになっております。
袋角は知りませんでした。植物かと思いました(笑)
博識ですね、勉強になります。

点数: 1

「洗濯物まわる夜桜は傾ぐ」の批評

回答者 宮本宏之

添削した俳句: 洗濯物まわる夜桜は傾ぐ

女郎花様、はじめまして。無骨に言い放つ感じと優美な言葉との対比に『ああ、この人は上級者なんだろうな』と感じました。こういうのがサラッと出てきたら気持ち良いでしょうね。精進の励みになります。

点数: 1

「百態の羅漢にちらふ桜かな」の批評

回答者 宮本宏之

添削した俳句: 百態の羅漢にちらふ桜かな

久田様、なんとも硬派な趣の句ですね!京都あたりの石碑に刻んでありそうな。カッコいい句だな、と思います。

点数: 0

宮本宏之さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雀の子誰と見紛い囲み寄る

回答数 : 4

投稿日時:

高瀬川笑う子のいる端午かな

回答数 : 6

投稿日時:

江戸風鈴風待ち顔で列なりて

回答数 : 8

投稿日時:

廃軌道鳥の巣許す時計かな

回答数 : 3

投稿日時:

雨去りてターナーの雲夕端居

回答数 : 3

投稿日時:

宮本宏之さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

春兆す珈琲店の好好爺

作者名 かぬまっこ 回答数 : 11

投稿日時:

朧月ムックリはじく指細し

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

花桐やとなりのクラスだったはず

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ