俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨去りてターナーの雲夕端居

作者 宮本宏之  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

イギリスのロマン主義の画家ターナーの絵をイメージして取り組みました。ターナーの知名度に不安を感じましたが、三恵子さんに勇気をいただきました(笑)

最新の添削

ターナーのだるま夕焼や伊予灘線

回答者 いなだはまち

宮本さま

あまり詳しくないので、調べた内容を想像で句にしてみました。😅

全然元句と違ってしまいました。
ごめんなさい。😢

でも、勉強になりました。
ありがとうございます。💡

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

豆撒きのかけ声嗄れ三度まで

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

秋麗立ち上がる吾子令和人

作者名 晴峯旬草 回答数 : 5

投稿日時:

柩出で犬に寒さののこりけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨去りてターナーの雲夕端居』 作者: 宮本宏之
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ