俳句添削道場(投句と批評)

翔子さんの添削得点の低い順の3ページ目

「雲の上まさかの逆さま海の底」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 雲の上まさかの逆さま海の底

石坂紀子様
添削ありがとうございます。励みになります。それと添削ですが、雲の上が海の底みたいなんて、美しいですね☺️私は、ドイツ、フランス等で、一回も飛行機の窓際にならず、外を見れませんでした💦羨ましいです💦

点数: 0

「彼岸西風捏ねる目の子のうどん生地」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 彼岸西風捏ねる目の子のうどん生地

そうり様
なるほど、うどん生地というものはデリケートなものなのですね。そこまで考えて、うどんを食べた事は、ありませんでした。いろいろな事は深く掘り下げると面白いですね。

点数: 0

「雀の子誰と見紛い囲み寄る」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 雀の子誰と見紛い囲み寄る

宮本宏之様
何だか可愛いですね、私は孫を喜ばせたくて、駅にいた鳩に持っていたポテトを撒いて呼び寄せ、孫が追いかけて楽しかった記憶があります。

点数: 0

「消しゴムに恋文彫りし八千代咲く」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 消しゴムに恋文彫りし八千代咲く

あさこ様
何だか切なくて胸がキュンっとなる俳句だと思いました。私は隣の席の子に恋していました。連絡網が彼の次で、私は部活で疲れて、寝てばかりいたので、彼に、堀籠さんは、よく寝るんですねと、言われ、恥ずかしいな、と思ったのをよく覚えています。

点数: 0

「朝のバス数える桜並木かな」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 朝のバス数える桜並木かな

綺麗な俳句で失礼ですが、可愛らしいと思いました。私は、桜というと、娘程年の離れた女の子と桜を見たあと、市役所のベンチで二人で寝ていたら、娘さんですか?良いですねえと、市役所の方に声を掛けられた事を、今でもよく覚えています。あの子、どうしているかなあ

点数: 0

翔子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

覚えたよミルクセーキの作り方

回答数 : 4

投稿日時:

白い朝沈思黙考絵画見る

回答数 : 1

投稿日時:

花の春梅香漂う吉野郷

回答数 : 3

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

回答数 : 1

投稿日時:

寝たきりの三月生まれ父の顔

回答数 : 1

投稿日時:

翔子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

父と母包みし優し山茶花よ

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

電線にハモっているや寒雀

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

探梅の列なしゆくも静かなり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ