俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

消しゴムに恋文彫りし八千代咲く

作者 あさこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

消しゴムに恋文を彫った時、 
教室で育てた植物の八千代が咲いた。

彫った恋文は、八千代に遺る。

最新の添削

「消しゴムに恋文彫りし八千代咲く」の批評

回答者 翔子

あさこ様
何だか切なくて胸がキュンっとなる俳句だと思いました。私は隣の席の子に恋していました。連絡網が彼の次で、私は部活で疲れて、寝てばかりいたので、彼に、堀籠さんは、よく寝るんですねと、言われ、恥ずかしいな、と思ったのをよく覚えています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「消しゴムに恋文彫りし八千代咲く」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

あさこ様
こんにちわ。消しゴム彫刻、、、小学校時代の思い出でしょうか?一点、「八千代咲く」が気になりました。(咲くと入れるべきか、、、、)切れを入れて提案句を作ってみました。「消しゴムに恋文彫るや八千代の香」、、、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

消しゴムに君の名前を八千代咲く

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

俳句は一人称現在の文学といわれるので、できれば過去形は避けます。たぶん、読み手を同じ空間に引き込む為です。そして、とくに効果を狙う場合を除いて、動詞は少ない方がいいと言われています。一つまたはゼロを目指して。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薫風に呼ぶや犬の名小次郎と

作者名 東次郎 回答数 : 2

投稿日時:

マーキングし残るは一人夕焼けの子

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

掛け布団吸い付く三十九度の四肢

作者名 南風の記憶 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『消しゴムに恋文彫りし八千代咲く』 作者: あさこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ