俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雲の上まさかの逆さま海の底

作者 石坂 紀子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

飛行機の窓より外を見た時、雲の上に行くにしたがいどんどん深い海の底の様な色になっている様子を詠みました。

最新の添削

「雲の上まさかの逆さま海の底」の批評

回答者 はちゃ

語感が楽しいですね。
かこ。さんと同じく、「まさかさかさま」の方がより語感が良く、字余りも解消されるように思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はちゃさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雲の上まさかの逆さま海の底」の批評

回答者 宮本宏之

句の評価:
★★★★★

石坂様、はじめまして。
面白い着想ですね!戸惑っている様子が浮かぶようです。この快活な感じを何とか真似できないものかと思っています。

点数: 1

添削のお礼として、宮本宏之さんの俳句の感想を書いてください >>

石坂さま

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

確認です。
これは無季の句でよろしいですか。😄

回文のような言葉遊びの感じで、なかなか面白いと思います。
季語を入れたら素敵な俳句になりそうですので、ご検討ください。🙇

すみません!石頭で。😅

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲の上まさかの逆さま海の底」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

石坂紀子様
添削ありがとうございます。励みになります。それと添削ですが、雲の上が海の底みたいなんて、美しいですね☺️私は、ドイツ、フランス等で、一回も飛行機の窓際にならず、外を見れませんでした💦羨ましいです💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

触れたくてフェンスを越へて蔦茂る

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

鮎釣りの名人偲ぶ解禁日

作者名 ふり 回答数 : 3

投稿日時:

音立てて煮える匂いや芋煮会

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雲の上まさかの逆さま海の底』 作者: 石坂 紀子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ