俳句添削道場(投句と批評)

翔子さんの添削投稿の古い順の3ページ目

「蝶追ひて保母より先を走りゆく」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 蝶追ひて保母より先を走りゆく

久田様
コメントありがとうございます。こぬか雨、そうですね、より繊細になって素敵です。こちらのコメントですが、私は幼稚園の先生をやっていた時期があったので、新米先生の時は、園児がばらつくと、とてもハラハラしました。懐かしさが蘇りました。ありがとうございます。

点数: 1

「坂道で足元踊る花埃」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 坂道で足元踊る花埃

橘様
はじめまして、とても綺麗な句に惹かれます。足元にも花びらが、舞っているのが思い浮かびます。ありがとうございます。

点数: 1

「散る花が指をすり抜け老いを知る」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 散る花が指をすり抜け老いを知る

橘様🍀💕
私も手をすり抜けっ放しです💦🙇今年は孫と桜を見る事が出来ませんでした😭婆さん馬鹿みたいに異常な程孫が可愛くて仕方ないです。二人で軽井沢のペンションに行くのが夢です🍀

点数: 1

「フォアハンドバックハンドで蒲団打つ」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: フォアハンドバックハンドで蒲団打つ

そうですか、私も中学生時代テニス部でした。よく、女性は、男性を好きになる前の段階として女の子を好きになる事があると聞きます。私も女子校でしたが、先輩や学級委員(古い💦)の女の子に思いを寄せたりしたものです。懐かしいなあ。

点数: 1

「踊れ踊れ桜を囲う時の衆」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 踊れ踊れ桜を囲う時の衆

田沢正樹様
この句に切ないような楽しいような感じを受けます。桜が散る花だからでしょうか?話は違いますが、私の知人はまだ、JAZZダンスの講師をしています。私もまだまだいけるのかな?😭💦🙇

点数: 1

翔子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

覚えたよミルクセーキの作り方

回答数 : 4

投稿日時:

白い朝沈思黙考絵画見る

回答数 : 1

投稿日時:

花の春梅香漂う吉野郷

回答数 : 3

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

回答数 : 1

投稿日時:

寝たきりの三月生まれ父の顔

回答数 : 1

投稿日時:

翔子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

カイロ手に少女は駆けて女となる

作者名 感じ 回答数 : 9

投稿日時:

歯科の椅子傾いていく春の午後

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴間鏡の中のマリオネット

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ