俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

坂道で足元踊る花埃

作者 橘真美  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題『落花』です。
自宅への帰り道に坂があり、結構急な坂なので息を切らして途中から前を見られずに足元を見てしまいます。そんな中風でコロコロふわふわとまるで踊っているような足元の桜の花びらの光景を句にしてみました。よろしくお願いします。

最新の添削

花ぼこり踊る足元坂の道

回答者 かこ

そのまま読むと足元が踊っているように解釈すると思います。語順を変えると誤読が避けられると思います。花埃っていい表現ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

坂道や足に絡まる花埃

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

橘真美さま
初めまして。

拙句への感想ありがとうございます。
高校大学と勉強もせずテニスばかりやっておりました。😅

御句、
坂道で「足元が踊っている」と読めます。
足元で花埃が踊っている景ですので、
「足元に踊る花埃」としませんと誤読されます。

音数の問題もありますので、参考句のようにしてみました。
坂道で足が絡まる
足に絡まる花埃
⇒絡まるとしてみました。😄

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「坂道で足元踊る花埃」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

橘真美さま
はじめまして。光景がきれいに浮かびました。坂道は大変ですが、こんな素敵な帰り道があってうらやましいです。コメントを読ませて頂き、「坂を上る様子」の提案句を作ってみました。ちなみに「踊る」は具体的に表現すると「句」がもっと良くなると思います。「花埃シューズに絡め登る坂」ご参考になれば、、、。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「坂道で足元踊る花埃」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

橘様
はじめまして、とても綺麗な句に惹かれます。足元にも花びらが、舞っているのが思い浮かびます。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

巫女服を畳む老婆やソーダ水

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

元旦にとんぼ帰りの受験生

作者名 よしはむ 回答数 : 2

投稿日時:

宇宙語の一歳半やかなぶんぶん

作者名 裾野奈保子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『坂道で足元踊る花埃』 作者: 橘真美
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ