俳句添削道場(投句と批評)

拓也さんの添削投稿の古い順の2ページ目

「地下鉄の通気孔より冬の来て」の批評

回答者 拓也

添削した俳句: 地下鉄の通気孔より冬の来て

そうりさん、こんにちは。
僕の句の添削ありがとうございました。
ユニークな感覚が増して、
微笑ましく、そうりさんの
添削を楽しんでいます。

地下鉄の通気口といいますと、マリリンモンローの名シーンとか思い出しました。
確かに地下鉄、寒々としてますよね(笑)。
映画のように映像が浮かんでくる、そうりさんの句ですね。

点数: 1

「空高しバドミントンや子の返す」の批評

回答者 拓也

添削した俳句: 空高しバドミントンや子の返す

猫山竹さん、こんばんは
僕の句のご添削
どうもありがとうございます。
猫山竹さんのご添削で、
金木犀の香りに可愛らしい動きが出ました。
どうもありがとうございます。

猫山竹さんの句は、
手の届きそうな青空、
子供さんの美しく可愛い歓声が聞こえてくる句ですね。
五七五すべてを広く表現として使われていて魅力的な句ですね。

点数: 1

「ハイビーム下げぬ若葉よ秋の宵」の批評

回答者 拓也

添削した俳句: ハイビーム下げぬ若葉よ秋の宵

こんにちは
僕の句の添削ありがとうございます
接続助詞によって句が生き生きとしました
ありがとうございます

この洋さんの句は、秋の宵という季語
どこか良い意味で寂しげで良いですね。
たぶん、洋さんの嘗てのご自身の経験も
回想されつつ詠まれたからだと思います。
まあ、人間、歳を重ねると丸くなりますよね。

点数: 0

「鉛筆の音走りたる秋の夜」の批評

回答者 拓也

添削した俳句: 鉛筆の音走りたる秋の夜

そうりさん、こんにちは。
添削ありがとうございました。
漂う、というご表現で金木犀が生きました。
ありがとうございます。

秋の夜に、そうりさんが
俳句を楽しんで詠まれている鉛筆の音かなって想像しています。
確かに秋の夜は物音が鋭く美しいですよね。

点数: 2

「アスファルト楓は星を散りばめぬ」の批評

回答者 拓也

添削した俳句: アスファルト楓は星を散りばめぬ

猫山竹さん、こんにちは。
いえいえ、現代俳句
文語、口語、入り交じってていいんですよ(笑)

アスファルトという硬い存在に、自然の柔らかな楓が
散っている。
確かに星みたいですよね。
その現象の捉え方が美しい感受性ですね。

点数: 1

拓也さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

白菜は名脇役や鍋料理

回答数 : 4

投稿日時:

一歩づゝ違ふ色待つ落葉かな

回答数 : 6

投稿日時:

火の付かぬ焚き火あきらめ煙草吸ふ

回答数 : 2

投稿日時:

窓開き出入り自由の木犀香

回答数 : 6

投稿日時:

冬蝶もその影もまた花を去る

回答数 : 4

投稿日時:

拓也さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

青葉来る今日は私の誕生日

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

炎天の敗戦ラストミーティング

作者名 鳥田政宗 回答数 : 3

投稿日時:

本日は散髪日和木々芽吹く

作者名 森 教安 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ