俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬蝶もその影もまた花を去る

作者 拓也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは
冬蝶と花の季重なりが不安です。
よろしくお願いします。

最新の添削

「冬蝶もその影もまた花を去る」の批評

回答者 そうり

拓也さま
こんにちわ。冬蝶の弱々しさと「影」響き合っていいですね。上五を「や」で詠嘆すると、季重なりは気にならないかと、、、。あるいは例えば、参考ですが、、、
「冬蝶や影もろともに庭を去る」、、、、とか。句意を損ねましたらご容赦下さい。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬蝶もその影もまた花を去る」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

季語「冬蝶」の儚さ物悲しさが見事に表現されていますね!

懸念されている「冬蝶」と「花」の季重なりの件ですが、どちらか一方が主であり、また一方が脇であると明らかに判る場合は許容されるという記述を目にしたことがあります。
なにより貴句の「花を去る」は、弱々しい冬蝶が生命の源である花を離れ、その行く先は決して明るくは無いだろうと想像させる働きがあります。なので、このままでよいと感じました。
「影もまた」も、冬蝶という一つの存在全体が終わりへと向かう様が詠み込まれているようで、句の儚いイメージを支えていますね。

...しかし、ここまで書いてきて、「冬蝶」に対する理解は、儚いとか脆いとか弱々しいとかいうもので本当にいいのかという心持ちになりました。どこか、逆境に堪える凛とした力強さがあるような気もしてきました。先行する句をよく読みたいところです。

点数: 2

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬蝶もその影もまた花を去る」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんばんは😃楓のコメントありがとうございます。
文語と口語、そうなんですね!初めに読んだ本に、一つの句の中での混同は避ける、とありましたのでずっとそうなのかなぁと思っていましたが、文法の違いによる意味の混乱を呼ばなければ大丈夫なのですね。ありがとうございます✨🙇🏻‍♂️
御句、儚さと美しさの中に、移ろいゆく季節の営み、自然の摂理が感じられます。淡々と「去る」だけなのに、何故こんなにも無常観、侘び寂びを感じられるのか…俳句の力ですね👏🏻👏🏻!

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

携帯に梅の花びら良き知らせ

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

杉木立風少しあり薄暑かな

作者名 博充 回答数 : 1

投稿日時:

忍び込む蚊は目に見えぬ暗殺者

作者名 なおじい 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬蝶もその影もまた花を去る』 作者: 拓也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ