俳句添削道場(投句と批評)

すがりとおるさんの添削投稿の古い順の5ページ目

遊郭の大門に閉ず白日傘

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 黄昏の花街へ消ゆ白日傘

飛田遊郭の実景

点数: 1

夕焼けやたたみ始める露天商

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 夕焼けやたたみ始める露天商

こんにちは!初めまして。

「たたむ」を際立たせるため

*夕立ちや手早くたたむ露天商

添削というより改作かも知れませんが・・・。
勝手に季語を変えてすいません!

点数: 1

夕焼けやたたみ始める露天商

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 夕焼けやたたみ始める露天商

おはようございます!すがりとおるです。
「露天商」という言葉に惹かれました。
「夜店」「屋台」でもなく、俳句ではあまり目にしない言葉です。

点数: 1

夕焼けやたたみ始める露天商

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 夕焼けやたたみ始める露天商

こんばんは!すがりとおるです。

「はも」は強い詠嘆を示します。
古語辞典を当たってください。用例など詳細があると思います。

「戯れ歌」なので流してください。
映画「夜叉が池」をモチーフにしただけです。

点数: 0

すがりとおるさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

そこひ女の目脂に透くる虹二重

回答数 : 0

投稿日時:

アオザイに透けるピアスや夏灯

回答数 : 2

投稿日時:

極東の地下名画座で昼寝覚

回答数 : 1

投稿日時:

子等つれて聖書売なる白日傘

回答数 : 2

投稿日時:

男滝はも滝夜叉姫も花かかぐ

回答数 : 3

投稿日時:

すがりとおるさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

学歴も美貌もなくて寒鴉

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

行く道の行きづまりとて枯葎

作者名 イサク 回答数 : 3

投稿日時:

アンデスの事など知らぬトマト食む

作者名 卯筒 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ