俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨女と呼ばれ愈々梅雨明ける

作者 田中喜美子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

やっと梅雨が明けた、7月23日に詠みました。

最新の添削

雨女と呼ばれようやく梅雨開ける

回答者 林涼介

こんばんは。田中喜美子さんの俳句を拝読しました。

雨女と呼ばれることにうんざりしていて梅雨が明けることを嬉しく想う姿が浮かびました。

中句の「愈々」は「うんざり」より「嬉しい」にフォーカスしているのだと思いした。
「うんざり」にフォーカスするなら、「雨女と呼ばれようやく梅雨開ける」などいかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、林涼介さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

休耕も青けりゃよしと蝶の舞い

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

ソーラーパネル眺める田舎の鯉幟

作者名 こはる 回答数 : 4

投稿日時:

代筆を詫びる恩師の夏見舞

作者名 ダンボ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨女と呼ばれ愈々梅雨明ける』 作者: 田中喜美子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ