俳句添削道場(投句と批評)

和光さんの添削最新の投稿順の5ページ目

「橋渡る犬とわれのみ秋の暮」の批評

回答者 和光

添削した俳句: 橋渡る犬とわれのみ秋の暮

こんばんは(橋渡る)が余分。われが平仮名の意味は。「黄昏の犬と我のみ橋に秋」参考まで。

点数: 1

「夕立や異世界行きのバスを待つ」の批評

回答者 和光

添削した俳句: 夕立や異世界行きのバスを待つ

こんばんは。異世界を少し飛ばして。「夕立やワイパー無きバスを待つ」参考程度に。

点数: 1

「ひまわりの並木にすずめ一羽かな」の批評

回答者 和光

添削した俳句: ひまわりの並木にすずめ一羽かな

かこ。様。お久しぶりです。御飯は確かに字数合わせの感はありますね。お茶漬けの種類でも面白いと思いました。掲句はファンタジーですね。◆ゴッホの「ひまわり」に雀一羽かな。あり得ないけど絵本の世界だと面白いかな?この場合季語になるか問題ですが。。

点数: 2

「怒号飛ぶ球場蠛蠓も震え」の批評

回答者 和光

添削した俳句: 怒号飛ぶ球場蠛蠓も震え

拓生様。こんばんは。コメントありがとうございます。灰色的な腐れ縁と抜けた空の取り合わせでした。第三者の感じ方はとても参考になります🍀掲句は◆怒号飛ぶ三塁側の震源地。位置情報に焦点当ててみました。参考になれば幸いです✏

点数: 0

「鳩散らす吾子の足元照紅葉」の批評

回答者 和光

添削した俳句: 鳩散らす吾子の足元照紅葉

おはようございます。雪女郎は丁度一年前の投句でした✏17音に物語性が目指すところで有りますが、、「照紅葉ハトに追はれる吾子の足」私なりにイメージしてみました☆

点数: 0

和光さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

五月晴れ後ろバンパーの傷跡

回答数 : 2

投稿日時:

小春空見上げる雲の散歩道

回答数 : 1

投稿日時:

夜遊びの眠気も失せる夏の朝

回答数 : 2

投稿日時:

盆踊り死者も馴染むや三週目

回答数 : 1

投稿日時:

バカツプル西瓜一切れ食べてみる

回答数 : 1

投稿日時:

和光さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

短日の電車違へて見知らぬ地

作者名 負乗 回答数 : 9

投稿日時:

赤み帯び月満ち輝や恐れ知る

作者名 岸本義仁 回答数 : 6

投稿日時:

かじる梨滴る汁や手にタオル

作者名 猫まんま 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ