俳句添削道場(投句と批評)

井上れんげさんの添削最新の投稿順の3ページ目

「初々し純白の芙蓉に渡る風」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 初々し純白の芙蓉に渡る風

育てていた花が初めて咲く時って特別うれしいですし、それが純白だったらなおさらだろうと句材にとても共感します。
こま爺さん同様「初々し」がやはり気になるのでコメントを参考に変えてみました。

初咲きの真白き芙蓉風の庭
「き」がうるさいでしょうか?

初咲きの芙蓉真っ白風の庭

中七に季語が入る型は初心者の私にはちょっと難易度が高いので、あまりぱっとしませんが、お許し下さいませ。

点数: 1

「真っ白な空押し上げる百日紅」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 真っ白な空押し上げる百日紅

おはようございます。
百日紅の咲く様子、私も好きです。
御句だと白いのは空と読みましたが、コメントを読むと白いのは花のようなので
コメントを参考に少し変えてみました。

青空へ白く突き出す百日紅

点数: 2

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり

子牛の句の添削有難うございました。
最初は「哺乳瓶離さぬ子牛」と思い付いたのですが、向日葵やの上五に合わせて哺乳瓶と子牛を入れ替えたのでバランスが悪くなったのだと思います。向日葵を日輪草などに言い換えて下五(字余りですが)にしようか迷いましたが、どうもピンと来なくてこうしました。結果、うまく「結球」してなかったのだと思います。
勉強になりました。また、頑張ります。

点数: 1

「向日葵やシャツにアイラブニューヨーク」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 向日葵やシャツにアイラブニューヨーク

子牛の句の添削有難うございました。げばげばさんの添削も併せて見て、卓鐘(たくしょうと読むのでしょうか?)さんの添削が2句になっている理由が分かりました。中七、下五のバランスが悪いんでしょうねきっと。もっと言葉を操れるようになりたいとおもいました。有難うございました。

点数: 1

「向日葵やシャツにアイラブニューヨーク」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 向日葵やシャツにアイラブニューヨーク

子牛の句の添削ありがとうございました。おっしゃる通り哺乳瓶の間違いです。打ち間違いに気が付かず投句してました。

点数: 1

井上れんげさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

豆まきの始終を眠る赤子かな

回答数 : 7

投稿日時:

げんこつのごとき馬鈴薯福々し

回答数 : 1

投稿日時:

福助の玉の耳たぶ春来る

回答数 : 0

投稿日時:

髪の毛の絡む石鹸我鬼忌かな

回答数 : 3

投稿日時:

作業着の夫へ焼きたてなる秋刀魚

回答数 : 5

投稿日時:

井上れんげさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ぶららこや兄弟向かいてふたり乗り

作者名 まちる 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

鉛筆の芯はエッチね鬼やんま

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

仕方なく百円投げた初詣

作者名 かかかか 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ