俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削得点の低い順の4ページ目

「夏空よ加茂の流れに石は跳ぶ」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 夏空よ加茂の流れに石は跳ぶ

めでかや様
めいしゅうです。
#9動詞はひとつか? めでかやさんからチェック項目をまたひとつ獲得することが出来ました。数十項目を獲得するまでなが~いお付き合いをお願い出来ますか?

点数: 0

「梅雨出水野獣の叫ぶ藪の闇」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 梅雨出水野獣の叫ぶ藪の闇

めでかやさん、こんにちは。
竹林が激しく揺れ、その中でまるで猛獣が吠え叫ぶがごときの豪雨。
昨日の雨もすごかったですね。
梅雨出水の季語、私も最近教わったばかりでした。
  ゴウゴウと獣の如き梅雨出水
説明っぽいですかね。

点数: 0

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: たんぽぽはきのうの星に触れたから

げばげばさま
こんにちは。
露に光りし の添削有難うございました。それに、返信遅れまして申し訳ありませんでした。
自分では、存続の【し】の感じでした。でも【光れる】は、今まさにそこに茄子が光って在ると言う感じがしますね。
有難うございました。

点数: 0

「タクシーのフロントガラス梅雨に入る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: タクシーのフロントガラス梅雨に入る

イサクさま
こんにちは。再訪です。
イサクさんにはいつも文法的なところを教えていただいて感謝です。
本日、夏井先生の365日季語手帖を購入したのですが、その中にイサクさんの句を発見することが出来てなぜか非常に嬉しかったです。また、他にもこの道場でお名前を拝見する方がおられました。すごいですね。
取り急ぎご報告まで。

点数: 0

「悩まずや来た道帰る栗の花」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 悩まずや来た道帰る栗の花

佐渡様
こんばんは。牛蛙の添削ありがとうございました。牛蛙が季語でよかったです。
自信がなかったので・・・。
提案句、ただの蛙鳴きではチョット物足りないかも・・・というのは、牛蛙の鳴き声は名の通り、ヴォーヴォーとけたたましく鳴くので。
でも有難うございました。

点数: 0

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

手を叩き頬張る姿寒苺

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

白き頬つたう雫は春雨か

作者名 ワイス 回答数 : 4

投稿日時:

巌門の銀鼠の濤冬の濤

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ