俳句添削道場(投句と批評)

伊勢史朗さんの添削得点の高い順の34ページ目

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: もう一度母に見せたき桜かな

どうもおはようございます。
応募要項には大概「未発表の作品に限る」と書いてあります。それは不特定多数の目に触れる場に発表していない作品との意味になります。但し一例ですが
https://aandf.co.jp/news/release/news_release_2020_aandf_urayamakai_haikuing

ここの場合は珍しく応募要項には発表済みかどうかは問われていません。ですから添削道場は勿論俳ポでもどこでも発表済みの作品の応募に差し支えはありません。こういう応募先は探すとたまには見つかります。また、一度発表してしまった作品を推敲しても発表済みの扱いにされてしまい入選を取り消された例もあります。因みにこちらの道場の方です。これに関しては主催と選者の判断に委ねられますが推敲済みでも一度発表した作品は「発表済み」としたほうが無難かと思います。
なおゲバゲバさんの仰る添削済みの作品についての作者の扱いはかなりデリケートな問題なので別立てで私の考えを述べます。
そしていつものように御句には添削及びコメントを差し控えます。どうか御容赦を。

点数: 0

「一切を句の種として三月尽」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 一切を句の種として三月尽

どうもこんにちわ。コメントを拝読しました。仰る事に反論はありませぬ。ただ、表現者としてあくまで「各自」のモラルの線引きはして頂きたいと思います。それと私は「常識」という言葉が嫌いなのですが俳句や短歌、川柳の世界では添削後もあくまで作者は原作者であるという風潮があります。それは少なくとも俳句界で選者を勤められているような俳人の共通認識ではないかと個人的には思います。「盗作」と言われても良いという覚悟があれば添削した句を自作とするのは各人の判断です。仮に私に弟子がいてそんな事をしたら「そんな恥ずかしい事をするな」と叱りつけますがね。

点数: 0

伊勢史朗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

啓蟄や深呼吸してプロポーズ

回答数 : 7

投稿日時:

羽ばたきて風に乗る蝶は遠くへ行く

回答数 : 0

投稿日時:

皆様御迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした

回答数 : 11

投稿日時:

それって盗作ですよ

回答数 : 4

投稿日時:

薪能果てて余映の長きかな

回答数 : 7

投稿日時:

伊勢史朗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

マンホール底より響く秋の声

作者名 そうり 回答数 : 5

投稿日時:

弱虫をくべて焚き火がよく燃えた

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

松本へ夜行列車の登山かな

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ