俳句添削道場(投句と批評)

葉月庵郁斗さんの添削最新の投稿順の2ページ目

「いつ見ても濁る側溝寒雀」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: いつ見ても濁る側溝寒雀

再訪です
勉強させて頂きます。

側溝のまた濁りをり寒雀

「をり」の使い方間違ってるかな?
ダウンジャケットを着て
溝掃除をしている。
ふと見上げると雀が同じように
体を膨らませて寒がっている
光景ですか(笑)

久しぶりになんか楽しいです~😀

点数: 3

「いつ見ても濁る側溝寒雀」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: いつ見ても濁る側溝寒雀

お帰りなさい
遅くなりましたが私も明けましておめでとうございます(笑)
イサク様がこちらを去られてから
私は腑抜けになって道場に顔を出さなくなって
しまいました(笑)
コメントを拝読して勉強し直します。
道場から人選の常連が増えて
こちらの一員である事を誇りに思います

点数: 3

「辛きこと好む友あり冬の山」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 辛きこと好む友あり冬の山

おかえりなさい。
他所で俳号をお見かけし活躍されてますので
安心はしておりましたが、
しっかり俳句を指導できる方ベテランが
少なくなってきて淋しい思いをしてました。今後ともよろしくお願いします。
御句、私は山登りをした事がないので
なんであんな辛い事までして冬山へ?
のストレートな句の読みしかできませんでした。

点数: 1

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ

はじめまして
葉月庵郁斗と申します。
コメントがなければ
震災や廃屋の解体とも読めました。
時事ネタ俳句とするならば
竜子様に一票ですが
素晴らしい句だと思います。
南風様のところへもコメント残しましたが
こちらに投句した句は既存句扱いになるので
他のところへそのまま出せないと以前
こちらの先輩から聞きました。
推敲されて入選された句もありますので
是非ともお勧めします。

点数: 1

「ドーナツの形の地雷唐辛子」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: ドーナツの形の地雷唐辛子

はじめてまして
葉月庵郁斗と申します。
慈悲様へのコメントで青嵐への投句
を薦めらてましたが
こちらの先輩から道場に出すと既存句になるので他では出せないと聞きました。
慈悲様のコメント欄で南風様のアドバイスをいきなり否定するのも失礼だて思いまずはこちらにコメントさせて頂きました。
私はこちらの先輩方には大変お世話になり
俳句を続けられています。
恩返しのつもりで、または自分自身の
勉強のためできるだけこちらに
顔を出そうとは思っています。
いきなりのコメント
失礼いたしました

点数: 3

葉月庵郁斗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

無月なり穴のあきたるコッペパン

回答数 : 3

投稿日時:

新酒の香鼻毛四五本伸びにけり

回答数 : 11

投稿日時:

遠ざかるテールランプや虫の声

回答数 : 9

投稿日時:

茶柱が立ったからとて日向ぼこ

回答数 : 4

投稿日時:

恋だとか悩み事とか焚火とか

回答数 : 3

投稿日時:

葉月庵郁斗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

サンレミの庭に想いを馳せる冬

作者名 Gin 回答数 : 2

投稿日時:

盃に踊り落ちる桜花かな

作者名 のんき 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

畔道に雉子もうごかぬ青田風

作者名 コウ 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ