俳句添削道場(投句と批評)

中村あつこさんの添削得点の高い順の2ページ目

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: さようなら犬歯に齧る梨湑む

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「石蕗の花」は説明にならないようにと、あれこれ考えました。
花はその時節にはちゃんと咲きますから、それぞれに一句詠めるように頑張ります。

点数: 2

「家の角をアブラカダブラ花アロエ」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 家の角をアブラカダブラ花アロエ

 こんにちは。
御句のアブラカダブラは懐かしい言葉です〜。こういうのも俳句になるんですね!
 拙句「春近し」は言われて見れば、新聞の見出しですね。テレビ中継の言葉が残ってたんですね!
 お添え下さった御句は、ババらしくてしっくりします〜。ありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

点数: 2

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 紫陽花のぐにやり赤子の首のごと

 こんにちは。お久しぶりです。
懐かしいお名前を拝見して嬉しいです。
 若い方ばかりの中でもたついておりましたが、先の時間は短くなるばかりなので、もう少し頑張ってみます。
 宜しくお願い致します。

点数: 2

「虚無僧の尺八閑か蝶の昼」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 虚無僧の尺八閑か蝶の昼

 こんにちは。
拙句蝶ひらりにコメントありがとうございます。
孫世代の方に見て頂けて嬉しいです。
 長い介護生活の中で毎年巡ってくる春先のことを思い出して詠んだものでした。

 私は幼い頃に虚無僧を見かけたことがありますよ。尺八の音色は穏やかですよね。

点数: 2

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 紫陽花のぐにやり赤子の首のごと

 こんにちは。
拙句、紫陽花にコメントありがとうございます。
こちらは田舎ですから、紫陽花の木も古くて大きいです。色合も昔からの物が多いです。
 ちょっとお洒落な花は、鉢植えで玄関先におかれてますね。
 孫も通りゃせの歳を過ぎてしまいました。

点数: 2

中村あつこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

双子座に眼をこらす人着膨れて

回答数 : 3

投稿日時:

秋時雨再放送の時代劇

回答数 : 4

投稿日時:

リハビリへ一歩の朝や金木犀

回答数 : 4

投稿日時:

蜩やお隣さんは施設へと

回答数 : 6

投稿日時:

窓越しに子らが手を振り夏おわる

回答数 : 5

投稿日時:

中村あつこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夜の更けてなほも嗜む花見酒

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

花時の吉野あちこち警備員

作者名 みつかづ 回答数 : 7

投稿日時:

蜩の鳴き声サインエアコンOFF

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ