俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削得点の低い順の1225ページ目

「燗酒で知る耳朶の冷たさよ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 燗酒で知る耳朶の冷たさよ

卯筒さん、こんにちは。お久しぶりです!昨年の夏以来ですね。

御句拝読しました。いい句ですね。耳たぶは身体で一番体温が低いところ。だから、熱いものを触ってしまった時などは思わず耳たぶをつかむ。
女性っぽい仕草ですが、今の若い人はこういうことするのでしょうか、わかりませんが。

上五が熱燗ではないところがいいです。無理矢理対比感がないです。

下五の「冷たさ」、これは季語にはならないでしょう。絶対的な冷たさではなく、相対的な冷たさですからね。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

「先達の木に集まるや寒雀」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 先達の木に集まるや寒雀

めでかやさん、こんにちは。
イサクさんが戻って良かったですね!

さて御句拝読しました。最初、トップページの一覧で見た時は「先達の木」ってなんだろう?と思いながら、すぐには開きませんでした。

先ほどようやく開いて、ご自身のコメントを拝読。
わかりました。「先に仲間の止まっている木」ですね。

この意味をもう少し明確にすると、

・先達の居る木に集ふ寒雀

ということかと思いますが、これでは説明ですねー。

もし、「木」にこだわらなければ、

・先達のもとに集ふや寒雀

などもありかと思いました。
よろしくお願いします。

点数: 2

「校門の駆けでる子らや寒雀」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 校門の駆けでる子らや寒雀

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。いい光景ですね。
あらちゃんと同じく、私も校門「を」がいいかもと思いました。
また、中七の切れですが、私は次のようなのもありかと思いました。

・校門を駆け出でる子ら寒雀

よろしくお願いします。

点数: 2

「行く秋や別れを惜しむ帰り道」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 行く秋や別れを惜しむ帰り道

けーたさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。厳しくしてくださいとのこと、あらちゃんさんが簡潔に要点を突いています。私は似たようなことをお伝えするだけかもしれません。

まず季節ですが、厳しいルールがあるわけではありませんが、俳句は、「当季」と言って今の季節あるいは少し先を読むくらいにするのが一般的です。
「行く秋や」なんて言ってる場合ではない。行きすぎて、もうすぐ春になりますよ(笑)。

次に、俳句は、なんでもストレートに言えばいいというものではないです。ストレートは読み手にはダイレクトに伝わるかもしれませんが、逆に想像の幅が限定され、広がりのない句になってしまいがちです。
例えば御句、「別れを惜しむ帰り道」とある。そりゃそうでしょう。よほど嫌なヤツとなら早く別れたいと思うでしょうが、そんなの俳句にしたくない。だから誰だって帰り道は別れが惜しいのです。
それをそのまま口に出してしまってはそれだけのものでしかなくなります。
何か、ちょっと工夫をしたいです。
それには、作者自身の心情を詠むより、情景を詠むといいかもです。
※ここでは「行く秋や」はそのままにさせてもらいます。

・行く秋や角を曲がれば君の家

中七以降だけ読めば、「もうすぐ君の家だ!ワクワク!」と、ようやく好きな人の家にたどり着いたような感じにも読めると思います。
ただ季語が「行く秋や」です。浮ついた気分ではない。そこから、「ああ、もうあの角を曲がると君ともお別れだね」という読みになると思います。

長くなりましたが、またご投句なさってください!お待ちしてます。

点数: 2

「春隣園児慰問のみち草よ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 春隣園児慰問のみち草よ

もっくんさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。可愛いらしい光景ですね。介護施設のお年寄りは喜ぶでしょう。

ただ俳句としては二、三気になるところがあります。
見た目ですが、最初から「春隣園児慰問」と漢字が続き、意味がとらえにくいです。
私は最初、「春隣園」という施設の名前かと思ってしまいました。
こういう場合は「春隣り」としてもいいかと思います。

また、「園児慰問」ですが、誰がどこを慰問するのかがわかりにくいです。

三点目ですが、「みち草」のひらがなは意味がありますか?ここは「のみち草」とつながるように読めます。

幼稚園児が介護施設に慰問に行く、とまでは入り切らないと思いますので、私の意見としては、幼稚園児の列は、目的はどうあれ可愛らしいので、慰問は入れなくてもいいのではと思いました。

・道草の幼稚園児や春隣
他の方がもっといいご提案をしてくださるかもしれません。
よろしくお願いします。

点数: 2

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

梅雨空の明けたら明けたで懐かしき

回答数 : 28

投稿日時:

ハンディファン持たないほうの手に日傘

回答数 : 17

投稿日時:

夕焼けや何か一品買つてくか

回答数 : 30

投稿日時:

さう言へば近ごろ毛虫見なくなり

回答数 : 26

投稿日時:

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 29

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

百閒忌青葉に青葉重ねたり

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

知らぬひと会釈のありて盆の道

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

水あれど砂の器のごと泉

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ